テレビの裏側をコッソリ暴露! 謎の業界人集団「チーム・スパイス」の業界裏日誌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

000

  バカな男に二股をかけられていたアラフォーの友人が言っていたわ。

「婚期を逃したのはアイツのせいだ」って。

  彼女、20代の時に二股をかけられたことがトラウマになって、それ以降男性不信になってしまったの。
  例えイイ男と出会って付き合うようになっても、信じることができず、勝手にカレの携帯電話をチェックしたり、何をしているのか何度も連絡したり…、完全に“イタイ女”になっちゃっているのよね。

  アタシは幸いにも、二股されたこともしたこともないけど、これほど人をバカにした行為もないわよね。

  テレビ業界で「二股」といえば“裏かぶり”がそれに当たる。

  1人のタレントが、同日同時間帯に複数のテレビ局に出演するのは、テレビ業界の暗黙のルールとしてダブーなのよ。
  だって、そのタレントを見たい視聴者が割れちゃうでしょ。

  例えば、1000人の視聴者を引っ張って来られる力があるタレントがいても、同じ時間にアッチの番組にも、コッチの番組にも出ていたら、お客さんが分散しちゃう。
  自然と視聴率が下がっちゃうじゃない。

  要は、番組にお金を出しているスポンサーへの配慮ってことなのよ。

  テレビ局は、他局の出演者と被りがないように注意を払って番組を編成するし、タレントを管理する芸能プロダクションも、再放送を含めて入念に被りがないようにチェックしている。

  以前は、同じ事務所に所属しているタレント同士の裏かぶりもNGだったことがあったけど、最近は大手芸能プロが幅を利かせていることもあって、そのあたりは緩くなっているけどね。

  実際、“裏かぶり”で、共演者を怒らせてしまったタレントもいるわ。

  関西芸人のSはある番組のレギュラーだった。 番組MCの大物Tにも気に入られていて、毎回楽しく出演していたの。
  2人は、私生活でもとても仲が良かったわ。

  でも、ある時にSの“裏かぶり”が発覚したのよ。
  そうしたらTが激怒して、番組からSが降ろされることになった。
  Sの出演していた裏番組はCS放送だったらしいんだけど、Tからしてみると何か裏切られた気がしたんでしょうね。

  もっとも、そこは所属事務所がチェックしなくちゃいけないことで、S本人には何ら非がないんだけど以降、2人は共演NGになっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事