• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  人気アニメ「ドラゴンボール」の孫悟空役などで知られる声優の野沢雅子が、2つのギネス世界記録に認定され、31日に都内で認定式が行われた。

  野沢は、「ドラゴンボール」関連のビデオゲームで孫悟空役を演じ続け、「Longest time in the same videogame role(ひとつのビデオゲームのキャラクターを最も長い期間演じた声優)」と「Longest-serving videogame voice actor(ビデオゲームの声優として活動した期間の長さ)」の2項目でギネス記録に認定。

  ゲーム中でキャラクターボイスが採用された1993年3月発売「ドラゴンボールZ 超武闘伝」(スーパーファミコン)から、昨年11月発売の「ドラゴンボールゼノバース2」(PS4)、『スーパードラゴンボールヒーローズ』(デジタルキッズカードゲーム)まで、その記録対象は23年218日(※2016年10月25日現在)に及ぶ。

  当日は、「ドラゴンボール」の原作者である漫画家・鳥山明氏からその功績をたたえる祝福のコメントが届いたが、野沢は「もう最高です。これは私の宝物にします」と喜びをあらわにした。

  また授賞式には、2月5日から新章がスタートするアニメ「ドラゴンボール超」でオープニング曲『限界突破×サバイバー』を歌う演歌歌手・氷川きよしも祝福に駆けつけた。

  大の「ドラゴンボール」ファンという氷川は、主題歌を担当することに「今まで生きていた中で一番幸せな瞬間」とコメント。

  一方、野沢は氷川について「デビューの時から大好き。長くやってきて良かった」と喜びを語り、デビューして間もない氷川がテレビで語っていた発言を記憶しているなど、お互いにそのファンぶりを見せつけた。

  氷川から健康の秘けつを問われた野沢は、「生きていれば何とかなるや、と呑気に生きること」と明かすと、最後に悟空の声で「オッス! オラ悟空。たまげたぞ! こんなに長く続けられるなんてな。オラ、元気だからこれからも長く長~く、あと100年くらいは続くかな、よろしくな!」と意気込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事