• このエントリーをはてなブックマークに追加

000001

  「乃木坂46」の3期生による初公演となる「3人のプリンシパル」が2日、東京・六本木のAiiA 2.5 Theater Tokyoで開幕した。

  同舞台は、第1幕でのオーディション、観客の投票によって第2幕の出演者が決まるという仕組み。
  2012年に東京・PARCO劇場で、「乃木坂46」の1期生により出演者総勢31人でスタートした「16人のプリンシパル」を踏襲したもので、第2幕の出演に備えて、メンバーたちは全配役のセリフをマスターしなければならないことでも話題を呼んだ。

  「乃木坂46」の1期生の生駒里奈からは、「私たちの中でもこのプリンシパルの舞台はツラい認識がある、そんな舞台を、今回3期生がやらせて頂く意味を考えて、この10日間頑張ってね!」と後輩たちにエールが送られたという。

  この日、稽古前に取材に応じた3期生メンバーの大園桃子は、緊張のあまり取材対応中に泣き出す場面もあったが、「本番では泣かないようにしたいです」と誓った。

  また、山下美月は、「3期生は個性がバラバラです。この公演を通して、みなさんにキャラを見つけて頂けたらうれしいです」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事