• このエントリーをはてなブックマークに追加

Thinking Dogs

  4人組ロックバンド「Thinking Dogs」が2日と3日、台湾・台北南港展覧会で開催されている「台北國際動漫節-TaipeiInternationalComics&AnimationFestival-」に出演した。

  今月2~6日に開催されている同イベントは、今年で5回目を迎える台湾を代表する漫画、アニメの大型イベント。
  昨年は6日間で60万人を動員した。

  「Thinking Dogs」は、JAPANエリアでアニメ「NARUTO-疾風伝-」のエンディングに起用された『そんな君、こんな僕』やデビュー曲『世界は終わらない』など全5曲を披露。
  2014年6月にデビュー以来、初の海外ライブを成功させた。

  メンバーたちは、「初めての海外公演で、自分たちのパフォーマンスがどのくらい通用するのかと期待と不安が入り混じる中、台湾の街並みを見て歩き、優しく親切な人柄にも触れてライブに臨むことができました。台湾語を交えたMCに温かい反応を頂いて、伝えようとする気持ちが大切なんだなと感じました」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事