• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  今年7月にデビュー10周年を迎える、DAIGOがボーカルを務めるロックバンド「BREAKERZ」が4日、Zepp Tokyoで「BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS-」公演を行った。

  1月21日のZepp Nambaより開幕した「BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS-」は全10公演が行われ、公演ごとにそれぞれ違うアーティストを迎えて開催。
  “10番勝負”という名の下に、「BREAKERZ」がリスペクトしているアーティストと熱いバトルを交わす対バン形式のライブとなっている。

  音楽ユニット「GRANRODEO」を迎えて行われた1stバトルに続く、この日の2ndバトルでは、SKY-HIを迎えて、互いのエンターテイナーぶりを遺憾なく発揮した、華々しくも激しい一夜限りのプレミアムなステージとなった。

  トップバッターは、SKY-HI。
  「AAA」のメンバーである日高光啓は、並行してソロラッパー・SKY-HIとしても活動。
  構築度の高いソングライティングに加え、際立つパフォーマンスが各方面から高い評価を得ているが、この日も圧倒的なスキルでSUPER FLYERS(=SKY-HIのバンドメンバー&ダンサーたち)とともに、観客を魅了した。

  1曲目を飾ったのはバトルの幕開けにふさわしい『逆転ファンファーレ』。 続いて『Ms.Liberty』、『スマイルドロップ』と、ファンキー&グルーヴィーなナンバーで序盤から飛ばしていく。

  この日のために用意した黒革の手袋を装着し、“うぃっしゅ”ポーズも決めてみせたMCでは、『スマイルドロップ』を初めてホメてくれたアーティストがDAIGOだったこと、さらにDAIGOと同じ小学校だった事実をつい最近母親から教えられたことを明かした。

  中盤は、圧巻の高速ラップも交えたメドレーで自身の武器を直球でぶつけると、続いてギターを弾きながらの『Double Down』、バブルガム・ベースのナンバー『Limo』、リリカルなメロディと歌詞が胸をさらう『Seaside Bound」』など、息つく暇もなく会場をSKY-HIワールドへと染め上げていった。

  後半は1月にリリースしたばかりの3rdアルバム『OLIVE』から3曲をドロップ。 ピアノを弾きながら歌ったミディアムチューン『クロノグラフ」』では、今日ここで生まれた出会いをかけがえのないものへと繋げていけるように…、そんな想いが伝わってくる情感豊かな歌声を届けた。

  ラストはハッピーチューン『ナナイロホリデー』でポジティヴ・ヴァイブを放出し、爽快な笑顔を咲かせてステージを後にした。

  一方の「BREAKERZ」は、メロディアスでキャッチーな彼ら王道のロックあり、時のはかなさ故に尊い一瞬一瞬や出会いの大切さを歌ったバラードあり、狂騒の彼方へと誘うラウドなナンバーありと、ライブバンドとしてこの10年間歩んできた歴代アンセム的ナンバーを惜しみなく投下。

  初日の大阪公演からがらりと演奏曲が変わるも、彩り鮮やかなセットリストで高揚感を与えながら、自らもこの特別な時間を味わい、バンド内に脈々と流れるロックへの愛を吐き出すかのような躍動感に満ちたパフォーマンスを披露した。

  また、MCではDAIGOが、“SKY(=最高に・かまして・やろうぜ!)”とDAI語を放てば、SKY-HIに触発されたSHINPEIは自身が持つ数々の資格をラップで紹介。 AKIHIDEはギターでDJのスクラッチサウンドを真似て“楽しいYO!!”とラップ調でフロウしてみせた。
   さらにDAIGOがリハーサルでAAAの『ハリケーン・リリ、ボストン・マリ』を歌っていたことを告白すると客席から「やってー!」とリクエストが起こり、1コーラスを披露した。

  両者の熱いバトルが終了すると、自然とアンコールが鳴り響き、SKY-HIとDAIGOが肩を組みながら一緒にステージに登場。
  SKY-HIの『Enter The Dungeon』を「BREAKERZ」のバンド演奏で、ツイン・ヴォーカルでクールに決めると、「ヒートアップしてきちゃった!」と興奮気味のDAIGO。
  そしてラストは「BREAKERZ」の『B.R.Z〜明日への架橋〜』を、こちらもツイン・ヴォーカルで熱唱し、さらにSKY-HIがラップセクションを歌い上げて、およそ3時間のライブは幕を閉じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事