• このエントリーをはてなブックマークに追加

00002

  「KAT-TUN」の亀梨和也が主演を務める映画「PとJK」の完成披露試写会が7日に都内で行われ、女優・土屋太鳳、高杉真宙、玉城ティナ、「関西ジャニーズJr.」の西畑大吾、村上淳、大政絢、廣木隆一監督が出席した。

  同映画は、2013年から講談社「別冊フレンド」で連載されている三次マキ氏の人気コミックが原作。
  めちゃくちゃイケメンな「P(=POLICE・警察官)」と恋愛初心者の「JK(=女子高生)」との秘密の結婚という斬新な設定や年の差カップルのピュアなラブストーリーが連載当初から話題になり、女子中高生を中心に大ヒットし、累計210万部という売り上げを誇る人気作だ。

  ストーリーは、大学生のふりをして参加した合コンで、高校1年生のカコ(土屋)が、年上の功太(亀梨)に出会うところからスタート。
  お互いに惹かれあう2人だったが、カコが女子高生だと分かかると、功太は急に冷たい態度を取る。
  じつは功太は警察官で、立場上、女子高生とは付き合えないと自分を押さえていたのだった。
  しかし、自分をかばってカコがケガをしてしまったことがきっかけで、カコの一途な思いを受け止めようと決意した功太は、警察官として高校生の彼女と一緒になる唯一の手段として、「恋人として付き合うのではなく、正式に結婚する」ことを提案。
  2人の誠実な思いがカコの両親にも通じ、「高校を卒業するまでは通い婚とし、周囲には内緒にすること」という条件付きで結婚が許される。
  晴れて夫婦となり幸せをかみしめる2人だったが、その結婚生活には次々と困難が立ちはだかるのだった…というもの。

  この日は、映画の初お披露目イベントとなったが、会場にピンクカーペットが敷き詰められる中、同作の劇中曲であるブルーノ・マーズの『Marry You』とともに、亀梨と土屋が登場。
  続いて、高杉、玉城、西畑、村上、大政、廣木監督が姿を現した。
  そして、亀梨と土屋が同作のヒットに向けて誓いの言葉を発すると、スパークスティックで大きな風船に入刀し、大ヒットを祈願した。

  舞台挨拶で亀梨は、「佐賀野功太を演じた亀梨です。よろしくお願いします」とあいさつ。

  土屋は「今日はお越し頂き、ありがとうございます。たくさんの方に見守って頂き、ここに立つことができました。ありがとうございます」と感謝した。

  本格的な恋愛映画は初めてとなる亀梨だが、真面目な警察官という役作りについて話が及ぶと、「廣木監督と話しながら、警察官のリアルさを求めました。自分の中のセクシーさがあふれ出ないように抑えました」とジョーク交じりに語った。

  そんな亀梨との共演について土屋は、「すごくクールな方だと思いきや、面白い一面もあって。お話しをしていて、心の中や行動がレディーファーストというか、とても気を遣って頂いたので、大人の男の人ってすごいなと思いました。王子様に出会うってこういうことかと思いながら撮影していました」と明かした。

  また、同作に関して亀梨は、「功太の男としての覚悟を決めてからの葛藤が描かれているので共感できます。“通い婚”という設定もリアルで、一人の生活にカコが入ってきた時の恥ずかしくもうれしい気持ちや、とにかくカコがキラキラしているので見てほしいです」。

  そして、「観た後にハッピーになってもらえる作品です。いよいよみなさんに観て頂けるということで、リアクションも気になりドキドキしていますが、楽しんでもらえたらと思います」とアピールした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事