• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  歌手・MISIAが、3月17日に公開を迎える映画「SING/シング」で、声優に初挑戦したことが分かった。

  同映画は、ユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントのタッグによる新作アニメーション映画。
  未来を変えるために歌のオーディションに奮闘する動物たちの姿を描く感動のドラマで、主人公のコアラのバスター・ムーン役を「ウッチャンナンチャン」の内村光良が、ヤマアラシのアッシュ役を長澤まさみが務めるなど、豪華吹替キャスト陣が発表されていた。

  そうした中、MISIAは、内気で極度のあがり症だが、歌い出すと誰もが聞きほれる抜群の歌唱力を誇るゾウのミーナの吹替を担当することが明らかになった。

  今作で声優に初挑戦するMISIAは、「吹き替えは初めての経験でしたが、自分と同じように歌が大好きで、しかもミーナちゃんが歌っている歌が、大好きなソウルミュージックばかりだったので、とても楽しみながら、吹き替えをさせて頂きました」。

  続けて、「フリーテンポで歌っていたり、アカペラで歌っていたり、アドリブが炸裂したり。とにかくミーナちゃんはさまざまなスタイルで歌うシーンがあります。大変ではありましたが、とても『楽しい大変さ』でした。『ミーシャがミーナになった』ので、今回吹き替えにチャレンジしたことでミーナちゃんたちと同じく『人生が変わるステージ』に私も立ったつもりで歌わせて頂きました」と振り返った。

  そして、「新しいことにチャレンジすることは、人生が変わるステージに立つことでもあるなと思います。ストーリーはもちろんですが、登場するすべての動物たちが個性的で魅力的。全編を通してソウルミュージックが思い切り楽しめる、そして大人と子供が一緒に観られるステキな映画です。ぜひ、劇場で体感してください!」とアピールしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事