• このエントリーをはてなブックマークに追加

田口淳之介

  元「KAT-TUN」の田口 淳之介が4月5日に1stシングル『Connect』をリリースし、メジャーデビューすることが分かった。

  田口は、昨年3月いっぱいで「KAT-TUN」を脱退し、ジャニーズ事務所を退社した。
  昨年11月にシングル『HERO』をリリースして音楽活動を再開。 同曲はオリコンの週間インディーズシングルランキング1位を獲得していた。

  そんな田口は、31歳という節目を迎え、「やはり自分はステージに立つ人間だ」という信念のもと、「ユニバーサルミュージック」と2年間の専属アーティスト契約を結び、メジャー第1弾シングル『Connect』を4月5日にリリースし、メジャーデビューを飾ることとなった。

  同曲は、田口が「自分をHUBとしてさまざまな人とつながりたい」という思いを込め、満を持してシーンに放つ渾身の1曲という。

  田口は、「この度、私、田口淳之介は、ユニバーサルミュージックと2年間の専属アーティスト契約を結び、4月5日に『つながる』ことをテーマにした第一弾ソロシングル『Connect』を発売することになりましたのでご報告申し上げます」。

  続けて、「昨年より個人事務所を立ち上げて活動してまいりましたが、ファンのみなさまと関係者のみなさまのご支援のおかげで、ユニバーサルミュージックという心強いパートナーとのご縁を頂くことができました。これからは、新しい音楽活動を中心に、俳優、モデルなど、1人のエンターテイナーとして表現の幅を広げていきたいと思っております。今後も変わらず、何事にも全力かつ真摯な心で努力して参りますので、これからも温かいご指導、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事