• このエントリーをはてなブックマークに追加

小沢健二

  シンガーソングライター・小沢健二が約19年ぶりとなるニューシングル『流動体について』を22日にリリースすることが分かった。

  小沢は、昨年のツアーを経て、2017年に待望のニューシングルを日本でレコーディング。
  今作は、1998年にリリースした『春にして君を想う』以来、約19年ぶりのシングルとなる。

  表題曲の『流動体について』は、6年ぶりに2016年5月25日 から6月27日にかけて行われた全国ツアー「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ」において披露された新曲7曲の中の1曲。

  また、カップリング曲の『神秘的』は、2012年に東京オペラシティで12日間にわたって行われたコンサート「東京の街が奏でる」で披露された楽曲となる。

  なお、小沢は今月24日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演し、『流動体について』と『ぼくらが旅に出る理由』を披露するという。
  小沢のテレビ出演は、フジテレビ系「笑っていいとも!」以来、約3年ぶりとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事