• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  「乃木坂46」の橋本奈々未が24歳の誕生日を迎えた20日、卒業コンサートをさいたまスーパーアリーナで行った。

  3万5000人の観客が集まる中、冒頭のMCで橋本は「今ここで見ている景色を目に焼きつけつつ、集まってくれたみなさんにも、帰った後もこびりついて離れない景色を魅せつけていきたい。“こびりついてやる”という気持ちです」と意気込みを語った。

  ステージは、橋本がセンターを務めた最新シングル『サヨナラの意味』からスタートし、『制服のマネキン』まで、息つく間もなくアップテンポな5曲を披露。

  白石麻衣と橋本のユニット曲である『孤独兄弟』のパフォーマンスや、各メンバーからの橋本に対するビデオレター、橋本が同じ誕生日の伊藤万理華を祝う“逆サプライズ”などでも会場を盛り上げた。

  『孤独な青空』で幕を下ろした本編のラストには、鳴り止むことのない“ななみんコール”が会場を包んだ。

  アンコールでは、橋本がステージに一人で登場。

  橋本は、「『ないものねだりはしたくない』と歌っていますが、こんなに素敵な景色を目の前にしているのに、他の道を歩みたいと思ってしまう自分が一番ないものねだりだなと…。けど、自分が選んだその先に正解があると信じています」と、これまでの活動を噛み締めるかのようにゆっくりと自らの心境を涙ながらに語った。

  その後、同期であり、戦友でもある白石から橋本への手紙がサプライズで読み上げられて、2人がステージで抱き合うシーンはファンの涙を誘った。

  最後に再び『サヨナラの意味』を披露すると、橋本はゴンドラに乗ってステージを後にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事