• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  「AKB48」の小嶋陽菜の卒業コンサートの前夜祭となる「こじまつり~前夜祭~」が21日、東京・国立代々木競技場第一体育館で行われた。

  ピンクの法被を着たAKB48グループ総監督・横山由依の笛や太鼓で奏でられた祭囃子の中、「わっしょい!」「こじま!」の威勢のいい掛け声とともに、会場に現れたのは神輿。
  お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉やお笑い芸人の小島よしお、「AKB48」の小嶋真子や小嶋菜月、「NMB48」の小嶋花梨たちによる“コジマ軍団”に先導されて、神輿に乗った小嶋陽菜が登場すると、会場は一気にヒートアップした。

0006

  にゃんにゃん柄の衣装に身を包んだ小嶋が「こじまつり、盛り上がっていくぞ~!」と叫び、「前夜祭」の幕は開けた。

  小嶋は、お祭りバージョンの『ハート型ウイルス』を披露したほか、シングル曲の『ハイテンション』ではマーク・パンサーとともにDJを務めるなど、のっけからハイテンション。
 
  そのままコンサートを盛り上げるかと思いきや、小嶋はいきなりステージを降りると関係者席に移動し、番組で共演している「おぎやはぎ」や「アンガールズ」の田中卓志、「SKE48」の大矢真那ら、各グループの自身のファンたちと一緒にコンサートを観覧すると言い出す、まさかの展開に…。

  小嶋が見守る中、小嶋に憧れて「AKB48」に加入したという岡部麟が率いる「AKB48チーム8」が『47の素敵な街へ』を、「AKB48 」の16期研究生が『大声ダイヤモンド』を披露。
  伊豆田莉奈がセンターを務める『心のプラカード』や猫のコスプレをした「AKB48」の「チームB」による『君のことが好きだから』ならぬ『にゃんにゃんのことが好きだから』などがパフォーマンスされ、小嶋もご満悦の表情を浮かべた。

0002

  卒業生の秋元才加がいきなりステージの上から登場し、『虫のバラード』を熱唱して颯爽と帰っていくサプライズには、小嶋も驚きを隠し切れない様子だった。

  そんな中、突然、「調子に乗るな!」との罵声が飛ぶと、声の主が「HKT48」の指原莉乃であることが発覚。
  これに対して小嶋も「何だコラ!」と応戦し、かつてテレビ番組の企画として行われ、“AKB48史上最低の泥仕合”としてもはや黒歴史となっている「指原PRIDE」が約5年ぶりに復活することとなった。

0007

  「タラコ小嶋vsヘタレ指原」によるファイナルバトルが勃発し、2人は愛してやまないという、元「モーニング娘。」の高橋愛とのデュエットをかけて、「ゴムパッチン綱引き」で対決。
  指原が勝利するも、卒業する小嶋に話を持たせて勝ちを譲り、結局、見届け人の「AKB48」の柏木由紀も加わって、4人で「モーニング娘。」の楽曲『晴れ 雨のち 好き♡』を披露した。

  さらに、4人に「AKB48」の横山と峯岸みなみ、「NMB48」の山本彩も加わり、「モー娘」の『LOVEマシーン』をパフォーマンスするサプライズも。

  また、“ステージファイター選抜”による『ヘビーローテーション』では、「1! 2! 3! 4!」の掛け声が決まらずやり直しとなり、関係者席で観覧していた卒業生の高橋みなみが助け舟を出す場面もあった。

  中盤では、「乃木坂46」がコンサートを行っているさいたまスーパーアリーナと中継を結び、「乃木坂AKB」として『混ざり合うもの』を披露。
  最初で最後になるかもしれないパフォーマンスに、2つの会場は大盛り上がりとなった。

  その後も、小嶋はビデオレターを寄せた元「SKE48」の松井玲奈からのリクエストに応えて『竹内先輩』をパフォーマンス。
  卒業生の松井咲子のピアノ演奏からの『ポニーテールとシュシュ』や自身がセンターを務めたシングル曲『ハート・エレキ』などを披露した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事