• このエントリーをはてなブックマークに追加

沢尻エリカ

  女優・沢尻エリカが俳優・松坂桃李主演で2018年に公開される映画「不能犯」にヒロイン役で出演することが分かった。

  同映画は、原作・宮月新氏、漫画・神崎裕也氏でコミック誌「グランドジャンプ」(集英社刊)で連載中の同タイトルの人気漫画を原作とした実写映画。

  都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。
  現場では、必ず黒スーツの男の姿が目撃される。
  男の名は宇相吹正(松坂)、彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。
  とある場所の電話ボックスに、殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼ると、必ず引き受けてくれるというのだ。
  ターゲットは確実に死に至るのだが、その死因は病死や自殺に事故──。
  そう、宇相吹の犯行は、すべて〈不能犯〉だった。
  今日も、愛と欲望、嫉妬と憎しみを抱えた依頼人が、電話ボックスにやって来る。
  宇相吹の真の目的は、他にあるとも知らず──。
  突如、現代の日本に出現した〈不能犯〉のプロフェッショナル。 その驚異の手口と壮大な目的を描く新感覚サスペンス・エンタテインメント作品。

  沢尻は、誰もが振り返る署内一の美女だが、嘘と曲がったことが大嫌いで、あふれる正義感で悪を倒し、口は悪いが部下や改心した前科者の面倒見もよく、人望厚い姐御肌の刑事・多田友子役で出演。
  松坂扮する宇相吹正と対峙するヒロインの女刑事役を熱演する。
 
  沢尻にとっては初の刑事役となるが、劇中ではキレのあるアクションも披露しているという。

  沢尻は、「今回の作品は、初めての刑事役でアクションにも挑戦しました。私が演じる多田友子という役は、原作では男性のキャラクターですが、映画では女性の設定になっています。キャラクターのイメージは男性そのままで、正義感や意思が強く、内に秘めた熱いものを持った男っぽい女刑事になっています」。

  続けて、「松坂さんは、本当に漫画から出てきたんじゃないかと思うほどイメージ通りのミステリアスな宇相吹を演じられていました。役者として尊敬できる素晴らしい方でした。そんな松坂さんや私の支えになっていたのが、白石監督でした。白石監督はとてもチャーミングな方で、映画自体は怖いシーンもありますが、現場を和やかにしてくれるムードメーカーでもあり、とても楽しい現場でした。すごくワクワク、ドキドキしながら撮影をしていました」とし、「素敵な作品に仕上がると思います。ぜひ楽しみにしていてください」とコメントしている。

©宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事