• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  「HKT48」が25日、群馬・ベイシア文化ホールで「HKT48 春の関東ツアー2017~本気のアイドルを見せてやる~」の初日公演を行った。

  同ツアーは関東エリアのホール規模の会場を回り、計11公演を開催する予定。
  ツアー初日となるこの日は満員となる2000人の観客が集まった。

0002

  会場ロビーでは、ツアー恒例となったHKT48展を開催。
  昭和のアイドルを彷彿とさせるメンバーたちのポスター展示をはじめ、アイドルの歴史を振り返るVTRの上映、また4期生によるラジオコーナーやメンバーのブロマイドが引けるコーナーなども登場し、各ブースには長蛇の列ができた。

  また、抽選で選ばれたファンと楽屋内のメンバーを黒電話で繋ぐ「レッツゴー!生電話」企画も実施されて、開演前から会場は大賑わいとなった。

0003

  開演とともにovertureが会場に鳴り響くと、ステージにはピンスポットに照らされた松岡はなが登場。

  松岡は、「今こそ、『HKT48』が本気のアイドルを見せてやるー!」と宣言した。
  その後、客席のさまざまな場所からメンバーが現れ、「MIX」の掛け声がふんだんに盛り込まれたシングル曲『最高かよ』がスタートした。

0007

  冒頭のMCでは、群馬県出身の今村麻莉愛が「ただいまー!」とあいさつし、「1回やってみたかったんです!」と満面の笑みを浮かべた。

0004
  
  一方、盛大な「おめでとう!」コールで迎えられたのは、この日14歳の誕生日を迎えた4期生の武田智加。
  武田が、ちょうど1年前に「HKT48」のオーディションの応募を決意したエピソードを明かすと、メンバーからも驚きの声が上がり、武田は「大人になるぞ!」と宣言した。

0005

  矢吹奈子の「ちょっと幸せな小話」からはじまったユニット曲コーナーでは、「モーニング娘。’17」と指原莉乃のコラボユニット「サシニング娘。」の『Get you!』を指原がソロで初披露。

0008

  ライブ中盤の深川舞子が初の司会を務めた「まいこむの部屋」と銘打ったMCコーナーでは、先日「STU48」との兼任が発表された指原に対して、「大丈夫そうですか。岡田(奈々)さんと性格合わなそうですけど?」と質問。

  これに対して指原は、「むちゃくちゃ合うし! 親友だし!」と返して会場の笑いを誘った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事