• このエントリーをはてなブックマークに追加

000001

  3月15日にリリースされる「AKB48」のニューシングル『シュートサイン』に収録される「坂道AKB」によるカップリング曲『誰のことを一番 愛してる?」の歌唱メンバーが明らかになった。

  同シングルは、「AKB48」にとって通算47枚目のシングルで、表題曲『シュートサイン』は4月19日にグループを卒業する小嶋のラストセンター曲となっている。

  カップリング曲の『誰のことを一番 愛してる?』では、「AKB48」と“公式ライバル”である「乃木坂46」や「欅坂46」のメンバーによるコラボ「坂道AKB」が実現。
  「乃木坂AKB」の『混ざり合うもの』、「こじ坂46」の『風の螺旋』、『傾斜する』、「まゆ坂46」の『ツインテールはもうしない』に続く、グループの垣根を超えた楽曲の第5 弾となっている。
  なお、「AKB48」と「欅坂46」のコラボは今作が初となる。

00003

  フロントを固めるのは「SKE48」の松井珠理奈、「HKT48」の宮脇咲良、「乃木坂46」の齋藤飛鳥、堀未央奈で、センターは「欅坂46」の平手友梨奈が担当。
  「AKB48」の岡田奈々、小栗有以、小嶋真子、向井地美音、「乃木坂46」の伊藤万理華、北野日奈子、寺田蘭世、星野みなみ、「欅坂46」の今泉佑唯、菅井友香、渡辺梨加、渡邉理佐、長濱ねるの計18人が選抜メンバーを務めている。

  ミュージックビデオの監督を務めた東市篤憲氏は、「AKB48+乃木坂46+欅坂46 という聞いただけでも想像がつかないチーム編成でしたが、楽曲がもっている世界観を、ダンスと表情を軸に、儚さや切なさを全身で一人ひとりが表現して頂いたことで、見事に融合し、素晴らしい化学変化がおきました」と話している。

00002

  平手は、「普段ではできない体験をさせて頂きました。勉強になりましたし、すごく新鮮でした。現場も緊張感あるというか。みなさん先輩なので『ちゃんとしなきゃいけないな』と。(宮脇や珠理奈に関して)手の届かない存在というか、私には絶対無理だなと思いました。今まではテレビで観る方々だったので、オーラがとってもスゴかったです」。

  MV のとくにオススメのシーンについては、「ダンスシーンだと思います。振付のTAKAHIRO 先生が『幾何学的』とおっしゃっていたので、細かな部分やメロディーもだったり、複雑感をテーマにしたそうなので、ダンスに注目してほしいです。最初の部分(=イントロ)をぜひチャレンジしてみてください」とコメントしている。

0004

  宮脇は、「『坂道シリーズ』とのコラボということで、前回は『乃木坂46 』さんとのコラボだったのですが、今回は『欅坂46 』さんもいてうれしかったです。『欅坂46』、大好きです」。

  続けて、「TAKAHIRO さんの振り付けが本当に大好きなので、『シュートサイン』もそうですが、TAKAHIRO さんの世界観に入れたのがうれしかったです。3 倍増しで頑張ったというか、気合がバキバキに入っていました」と振り返り、「他のグループが集まる中で、目立たないと『負け』だと思って、今日は勝負に出ました。色んなグループのファンのみなさんが見てくれると思うのですが、作り込んで感情を込めて表現をしたMV なので、絶対満足して頂けると思います。ぜひ楽しみにしていてください!」とアピールした。

0005

  珠理奈は、「メンバーを見たら、私がこの中で一番先輩でしたが、勢いだとか、フレッシュさみたいなものがすごく感じられて、それはグループの未来に繋がっている、と思いました」。

  さらに、「今回の歌詞は表現するのが難しいというか、今までなかったような歌詞だったので、先に参加メンバーを知った時点では、『明るくて若い感じの曲なのかな?』と思っていたので、スゴく意外でした。『みんなどうやって表現するのかな?』って思ったら、本当にそれぞれ考えて歌詞を表現していたので、私も負けてられないなと思いました」と明かした。

  平手が、珠理奈と宮脇の表現力がスゴいと話していたことには、「えー! 平手ちゃん、スゴいですよ。本当に。だって15 歳ですよね。これからの成長が楽しみです…って言ったら、なんかお母さんみたいになっちゃうけど(笑) でも、本当にすごく楽しみです。私もグループに入った頃はずっと最年少だったので、昔の自分を見ているような気持ちになっちゃう時があって…。『頑張れ! 頑張れ!』って応援している気分もありました!」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事