• このエントリーをはてなブックマークに追加

00002

  俳優・斎藤工が「齊藤工」名義でメガホンをとった長編監督デビュー作『blank13』のワールド・プレミア上映が3日、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」において行われた。

  同映画は、ギャンブル好きで13年前に失踪していた父が、余命3ヵ月で見つかり、その後、父の葬儀で知られざる父の素顔が明らかになっていく…というストーリー。

  斎藤は、同映画に出演する村上淳とともに舞台あいさつに登場。

  大歓声に迎えられた斎藤は、「自分の作品に、憧れの村上淳さんに出演して頂き、『ゆうばり映画祭』に帰って来られたことを、映画の神様に感謝しています」と喜びをあらわにした。

  上映後、映画を観た村上が「日本映画にまた素晴らしい監督が現れたなと思った」と称賛すると、斎藤は「じつは本作での淳さんのセリフは全部アドリブ」と告白。

  俳優を信頼した斎藤の演出や、抱腹絶倒の村上の「歌」のアドリブ制作秘話が披露され、作品を見たばかりの客席からはどよめきと笑いが沸き起こった。

  終盤には、村上から同映画のプロジェクトが始動した際、斎藤が「この作品は“ゆうばり”を目指します!」と宣言したことが明かされ、「色んな映画祭がある中、『ここでかける!』と企画段階から貫く男気が素晴らしいなと思いました」。

  斎藤は、会場が割れんばかりの拍手を受けて、笑顔を浮かべていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事