テレビの裏側をコッソリ暴露! 謎の業界人集団「チーム・スパイス」の業界裏日誌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

000

  最近、スマホに保存してある写真を見ていて、気付いたことがあるの。
  仲の良い女子マネジャーのE子の写真って、いつも顔の角度が同じなのよ。
  どれを見ても“左ナナメ45度”。 しかも、アゴを引いて上目づかい…。

  これって“決め顔”ってこと!?

  それに、アタシとのツーショットは、必ずE子が少し後ろの位置に立って、遠近法による“小顔効果”を演出している。

  改めて冷静に写真を見ていると、この盛り具合には少々腹が立つ。

  E子は地方から出てきた頃から知っている妹分で、付き合った男性はこれまで1人。
  遠距離恋愛中なんてウブなこと言っていたけど、あの娘あれでなかなか計算高い性格だったのね。

  それとも、東京、いや芸能界という魔界に汚れてしまったのかしら?

  アタシはこういう性格だから、そういう自己演出は苦手だし、気にならないけど、やはりテレビに映る側の人間ってその点のこだわりがものスゴイのよね。

  カリスマモデルと言われている40代のRは“決め角度”があって、それ以外だとチェックが入る。

  照明の角度も気にしているみたいで、細かく指示してくるから、職人肌の照明スタッフには評判がよろしくない。
  それこそプロっていう人もいるけど、照明スタッフだってプロなわけだから、せめて現場の雰囲気が悪くなるような言い方は避けるようにして欲しいわ。

  俳優と離婚して、“もう誰も愛さない”かと思ったけどモテるみたいだから、まだまだ美しさに磨きがかかるんじゃないかしら。
  ちょっとイジりすぎだけどね。

  料理研究家のHは、手の甲をアップで写すのがNGなの。
  シワを見せたくないんだって。

  でも、料理って普通“手”以外で調理することないでしょ?

  頭でゴマをすったり、足でキャベツを千切りにしたりはしない。
  どうしたって、手元を映さないと、料理番組として成立しないじゃない。
  視聴者はどう調理するかを知りたくて、テレビを見ているんだし、制作サイドはそれを分かりやすく見せるために撮影している。

  けれど、Hはそんなのお構いなし。
  シワがアップになるのが耐えられないからと言って、指先しか映しちゃダメって、本当にうるさいのよ。
 
  だから現場は大混乱よ。
  カメラマンだって、おそらくそんな撮り方をしたことないから、集中して撮影できないし、他にもわがままを言ったり、マイペース過ぎるから「後で編集が大変だ」ってディレクターも泣いているわ。

  それに比べると、グラビアアイドルのKなんて超協力的よ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事