テレビの裏側をコッソリ暴露! 謎の業界人集団「チーム・スパイス」の業界裏日誌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  しかも露出が増えたことでギャラがアップしても、それがかえって足かせになってしまうこともある。
 
  倹約に頭を悩ますプロデューサーは同じ実力、ネームバリューならば、ギャラが安い方を選ぶし、事務所が同じタレントを何人かセットで出演してもらうことでギャラをグロス(=まとめて格安)にしてもらうという技も繰り出す。
  こうなると、中途半端にギャラが高いタレントの需要はなくなってしまう。

  番組制作に携わっているある美術会社は、日本のテレビ業界の予算削減に危機感を募らせ、最近は海外の仕事も視野に入れているという。

  というのも、経済面で世界に影響力の強い中国のテレビ業界では、日本のゴールデンタイムで放送される番組の1.5倍もの予算で番組制作を行っているからだ。

  いくら優れた技術を持っていても、食べていけなければ本末転倒。
  自分の腕を高く評価してくれる国、地域で仕事をするのは、至極真っ当な選択だろう。

  定年したサラリーマンが、海外の企業にヘッドハンティングされ、日本の技術が流出しているように、待遇に不満を持つテレビマンたちが次々と海外へ飛び出して行く日が来るのは、そう遠くない気がする。

    本日の日直:業界歴16年 ディレクター(フリー)

・「チーム・スパイス」とは…メディアで活躍している、ディレクター、放送作家、アシスタントプロデューサー、スタイリスト、ヘアメイクなど数名で構成されている、謎の酒好きテレビ業界人集団。西麻布、三軒茶屋界隈などで、夜な夜な業界話に花を咲かせている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事