• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  AKB48グループの国内6番目の姉妹グループで、兵庫・岡山・広島・山口・愛媛・香川・徳島の7県に囲まれた「瀬戸内」を拠点に活動する「STU48」の第1期生オーディションの最終審査が19日、広島県内で行われた。

  「STU48」は、東京・秋葉原を拠点とする「AKB48」や名古屋・栄を拠点とする「SKE48」など都市を拠点とするこれまでの姉妹グループとは異なり、兵庫・岡山・広島・山口・愛媛・香川・徳島の7県に囲まれた「瀬戸内」が拠点。
  瀬戸内の地域活性化の一役を担い、瀬戸内の象徴になり得るグループを目指すという。

  また、AKB48グループといえば、各姉妹グループが専用劇場を活動拠点としているが、「STU48」は瀬戸内海を公開する「船上劇場」が拠点となり、先日に「HKT48」の指原莉乃がメンバーと劇場支配人を兼任し、「AKB48」が“船長(=キャプテン)”になることが発表された。

  この日は応募総数8061名の中から、44名が最終審査に合格。

  メンバーは、12歳から21歳の平均年齢15.5歳で構成され、各メンバーの居住地別は、山口県が4名、広島県が9名、香川県が4名、愛媛県が7名、兵庫県が3名、徳島県が2名、岡山県が6名、他府県が9名となっている。

  さらに当日は、「AKB48」の通算48枚⽬のシングルのカップリング曲として、『STU48』初の楽曲が収録されることも発表させた。 収録される楽曲には、指原劇場支配人、岡田船長とともに瀬戸内7県から各県3名ずつ選抜されたメンバーが参加するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事