• このエントリーをはてなブックマークに追加

0003

  福山雅治が主演し、是枝裕和氏が監督を務める映画「三度目の殺人」が9月9日に公開されることが分かった。

  同映画では、「第66回カンヌ国際映画祭」で審査員賞を受賞、2013年に全国公開し、国内興行成績32億円のヒットを記録した「そして父になる」の是枝監督と福山による2度目のタッグが実現した法廷心理ドラマ。

  すでに、福山演じる弁護士の重盛(福山)と対峙する殺人犯の三隅を、是枝組初参加となる役所広司が演じることが発表されている。

  ストーリーは、勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。
  解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。
  犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。
  はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。
  三隅の動機が希薄なのだ。
  彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?
  重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が 次々と変容していく――。

  今回、9月9日に公開されることが決定。

  さらに、物語の鍵を握る少女で被害者の娘役に、「海街diary」以来、是枝作品2作品目の出演となる広瀬すず、被害者の妻役に斉藤由貴、福山演じる重盛と事件解明に奔走する司法修習の同期弁護士に吉田鋼太郎、重盛の事務所に所属する若手弁護士に満島真之介、重盛の弁護士事務所の事務員に松岡依都美、本事件の担当検察官に市川実日子、重盛の父親役で30年前に三隅が関わった事件の裁判長を橋爪功が演じることも明らかになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事