• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  映画「PとJK」の初日舞台あいさつが25日に都内で行われ、「KAT-TUN」の亀梨和也、土屋太鳳らが出席した。

  同映画は、警察官と女子高生の年の差婚を描いた人気コミックを実写化したもの。

   亀梨は「今日は全国にこの模様がライブビューイングで生中継されるということで緊張していますが、ぜひ映画を観る前に楽しんで頂けたらと思います」。

  土屋は「桜の開花宣言が出ましたけど、『PとJK』という素敵なお花が全国で開花することを心から願っております」とあいさつした。

  互いの印象を問われた亀梨は、「本当に真っ直ぐで、純粋で、しっかりした方だなという印象です。撮影やプロモーションを通して、彼女の天然というか独特の空気感というのは改めて魅力的だなと感じました」。

  一方の土屋は「お会いするまではクールな印象だったんですけれど、実際お会いすると元気で、優しくて、面白くて、松岡修造さんに会った時のような衝撃を受けました」と明かした。

  すると、亀梨は「元気か! 今日はどうだ!! こんな感じ?」と熱血漢を演じて会場の笑いを誘った。

  さらに、土屋は「これまでのプロモーションを通して印象が変わったというよりか深くなりました。どんな時も励ましてくれますし、時には優しく叱ってくれたり…」と振り返ると、「私、感謝を伝えていいですか?」と宣言。

  戸惑う亀梨に対して、土屋は「仕事をさせて頂く姿勢や考え方を、エンターテイナーとして、人として、演技をしている時もしていない時も温かく教えってくださいました。頂いた記憶と大切な時間は一生大切にします。本当にありがとうございました!」と感謝した。

  また、ロケ地となった北海道・函館の思い出を尋ねられると、土屋は「函館は夜景がすごく有名なんですけれど、なかなか最後まで函館の夜景を見に行くことができなかったんです。けれど、クランクアップの何日か前に、功太君が『今だ行こう!』と熱く誘ってくださって、素晴らしい景色を見ることができました!」と亀梨とのエピソードを披露した。

  最後に土屋は、「本編の中では、私はお嫁に行く娘を演じているんですけど、今日は大切な娘をお嫁に出す母の気持ちです。どうか末永く愛してください」。

  亀梨は、「昨年の夏にたくさんのキャスト、スタッフのみなさんと愛情を注ぎこんで作らせて頂きました。恋愛映画ではあるんですが、それぞれのキャラクターの成長物語にもなっています。さまざまな角度でよりたくさんの方に愛されていく作品になることを願っておりますので、みなさんも僕たちの可愛い『PとJK』という作品を優しく包んであげてください」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事