• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  プロレスラー・長州力と女優・武田梨奈が30日、都内で行われた米映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(4月7日公開)のPRイベントに出席した。

  同映画は、全世界で絶賛された日本のSF作品の金字塔「攻殻機動隊THE GHOST IN THE SHELL」を米ハリウッドで実写化した作品。

  武田は、スカーレット・ヨハンソン演じる少佐をイメージした黒のボディースーツをまとったセクシーなコスプレ姿で登場。

  武田は、「(スカーレット演じる少佐が)すごくカッコイイので恐縮ですが、この作品を観て一気にまたファンになりました。こんな衣装でアクションをするなんて、とても難しいことだと思うので本当にスゴいですね。スカーレットはカッコイイし美しいし、女性の憧れです」。

  さらに、「『こんなアクション映画ができたか!』と思うくらい、アニメ的でもあるアクションが印象的ですし、日本人キャストの出演も刺激的でした。今日は楽しんでください!」とあいさつした。

  一方、強靭な肉体を持ち主人公・少佐を心身ともに支える相棒のバトーのコスプレに挑戦した長州は、銀髪をたなびかせ銃を構えながら、トレードマークの義眼も完全装備して登場。

  義眼は、マツコ・デラックスにウリ二つのリアリティで話題を呼んでいるマツコロイドを製作したチームによる特殊メイクで施されているという。

  「攻殻機動隊」の大ファンであり、「せっかくコスプレをするならバトーをやりたい」と自ら進言したという長州も大満足の様子。

  その一方で、「このメイク大変でしたよ。全然見えないです(笑)」と苦労を明かし、少し足元がおぼつかない仕草をして笑わせた。

  武田は、バトーになり切った長州について「いつもすごく優しい方なんですけど、今日はちょっと怖いですね(笑)」と感想を語った。

00002

  また、激しいアクションが見どころの同映画に絡めて、琉球空手の黒帯という経歴を持つ武田が長州を相手にハイキックを披露することに。

  長州は、高く構えたミットに武田が見事なキックを炸裂されると、「キックはキレてましたよ(笑)」と絶賛して会場の笑いを誘った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事