• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  「AKB48チーム8」が2日、「TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー~47の素敵な街へ~チーム8結成3周年前夜祭 in さいたまスーパーアリーナ」を開催した。

  結成3周年を翌日に控えた「AKB48チーム8」によるさいたまスーパーアリーナで単独コンサート。
  “会いに行くアイドル”として、2014年12月からスタートした全国ツアーも、今回の公演で27ヵ所目となった。

0002

  公演の前には、お祭りコーナーや、グループ一の“エイター”を自称する「AKB48」の田北香世子も参加したラジオ企画、また“長過ぎる”前座ライブも行われ、開演前から会場は熱気に包まれた。

00003

  昼公演の幕開けは、まさかのミュージカル。
  鳥取県代表メンバーの中野郁海が、クラスメイトのメンバーたちに励まされ片想いの相手に告白するまでを、『挨拶から始めよう』、『RIVER』などを織り交ぜながら演じた。

  ユニットのパートでは、 ヒューマンビートボックスパフォーマーのKAIRIとコラボした『思い出以上』、テーブルクロス引きを交えた『週末Not yet』、神奈川県代表メンバーの小田えりなのボーカル、福井県代表メンバーの長久玲奈のアコースティックギター、愛媛県代表メンバーの高岡薫のバイオリンによる「欅坂46」の『二人セゾン』なども披露された。

0004

  また、新たな大分県代表メンバーになった山田杏華が、大観衆の前にひとりで現れ、『First Love』を緊張感たっぷりながらも初々しくパフォーマンス。
  「今日からあなたも杏華推し!」という自己紹介挨拶も披露し、早くもファンの心を掴んでいた。

00005

  中盤では、メンバーを個性ごとにシャッフルした企画が会場を盛り上げた。

  まずは、青森県代表メンバーの横山結衣、兵庫県代表メンバーの山田菜々美らによる「チームダンス」が登場。
  AKB48グループ楽曲の中でも高いダンススキルが求められる『Escape』、『How come?』を、圧巻のダンスで魅せた。

  続いては、茨城県代表メンバーの岡部麟、新潟県代表メンバーの佐藤栞らによる「チームアダルト」が、『Green Flash』、『飛べないアゲハチョウ』を“大人メンバー”ならではの魅惑的なパフォーマンスで披露した。

  最後は、北海道代表メンバーの坂口渚沙、東京都代表メンバーの小栗有以らによる「チームキュート」が、『走れペンギン』、『パッピーエンド』をアイドル全開で愛らしくパフォーマンス。

  終盤に向けては、『星空を君に』、『思春期のアドレナリン』、『制服の羽根』など、「AKB48チーム8」のオリジナル楽曲を6曲続けてパフォーマンスし、会場を盛り上げた。

  アンコール明けには、岡部がボーカルを務めるバンド「ザ エイトルズ」が登場し、『ロックだよ、人生は…』、『ヘビーローテーション』などを生演奏で披露してみせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事