• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  国民的歌手の故・美空ひばりさん(享年52)の生誕80周年を記念したチャリティーコンサート「美空ひばり生誕80周年記念 大丈夫よ、日本! ふたたび 熊本地震・東日本大震災復興支援チャリティーコンサート」が5日に東京ドームで開催された。

  この日は、生前ひばりさんと親交のあった五木ひろしをはじめ、「AKB48」、「EXILE」、氷川きよしらアーティスト全22組が集結し、3万人の観客を前にひばりさんの楽曲29曲とそれぞれのオリジナル楽曲22曲の計51曲を熱唱した。

  ひばりさんは、1937年5月29日に神奈川・横浜で生まれ、今年80周年を迎える。
  ひばりさんの映像とともに、人気アーティストたちが彼女の名曲をカバーする公演は、2016年4月14日に発生した熊本地震、2011年3月11日に発生した東日本大震災の復興支援チャリティーとして行われ、この日は東北から1500人、熊本から50人の計1550人の被災者も招かれ、ドーム入口には募金箱が設置された。

  会場となった東京ドームは、ひばりさんが1988年4月11日に“不死鳥コンサート”を行った地であり、23回忌を迎えた2011年11月11日には、メモリアルコンサート『だいじょうぶ、日本!~空から見守る 愛の歌~』と題したメモリアル公演も行われた。

0002

  ひばりさんの名曲カバーで構成された前半は、司会の徳光和夫氏による開演宣言の後、ひばりの映像ときゃりーぱみゅぱみゅのパフォーマンスで幕開け。

  その後、ひばりさんの出生からのエピソードを映像で振り返ると、AKB48グループが『悲しき口笛』、『越後獅子の唄』、『あの丘越えて』をメドレーで披露した。

  作曲家の故・船村徹氏の楽曲である『哀愁波止場』をMay J.が、『ひばりの佐渡情話』を坂本冬美がそれぞれ歌うシーンでは、この日が四十九日にあたる船村氏にも歌を捧ぐこととなった。

  また、さだまさしがギター一本で熱唱した『悲しい酒』では、一際大きな拍手が沸き起こり、ひばりさんについて「僕らにとっては生きた神話」と語った。

   東京ドームのこけら落とし公演となった「不死鳥コンサート」の幕開けを飾った曲『終りなき旅』は、「EXILE」のSHOKICHIが熱唱し、歌唱後には「本当に身にあまる光栄な思いでしたし、美空ひばりさんというレジェンド、そして日本の音楽の歴史に、自分なりの精一杯の敬意をもって、一生懸命歌わせて頂きました」とコメント。

00003

  「不死鳥コンサート」で、ひばりさんが渾身の力で最後に歌いきった『人生一路』は、氷川が映像のひばりさんと代わるがわる歌う演出で、会場を盛り上げた。

  氷川は、「これからもひばりさんの生き方、そして歌を勉強して、僕も長く歌が歌っていけるよう努力をして参りたいと思います」と意気込んだ。

  ひばりさんに「彼が女性でなくて良かった」と言わしめたとされる五木は『みだれ髪』でステージに立ち、「ひばりさんへの色んな思いが込み上げてきて、私も必死な思いで歌わせて頂きましたと感慨深げに語った。

  前半のラストは、出演者全員での『川の流れのように』で締めくくられた。
  続く後半では、出演アーティストのオリジナル曲を中心に展開。

  そして最後は出演者全員で『愛燦燦』をドームに響かせると、歌謡界の歴史に残る一夜は幕を下ろした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事