• このエントリーをはてなブックマークに追加

  高収入と言われるプロ野球選手だが、長期間にわたって第一線で活躍できるのはほんのひと握りという厳しい世界でもある。

  一方の女子アナも、若い頃はテレビ番組などでスポットライトを浴びるものの、“30歳定年説”などが囁かれているように、旬の時期はけっして長くはない。

「ある意味で、女子アナとプロ野球選手とは似た者同士なのかもしれませんね。いまだに女子アナたちの間でプロ野球選手は人気ですが、その反面、不景気の影響もあってか、最近では安定性を求めて高い経済力を持つ会社経営者やエリート会社員に触手を伸ばす女子アナたちも増えています」(民放テレビ局編成担当)

  今後もプロ野球選手の“女子アナ妻”たちの動向に要注目である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事