• このエントリーをはてなブックマークに追加

00003

  4月12日に通算41枚目のシングル『渡月橋 〜君 想ふ〜』をリリースする歌手・倉木麻衣が「京都 嵐山一日観光大使」に就任した。

  倉木にとって京都は、立命館大学在学中の思い出の街。
  学生時代はレコーディングスタジオと学校の行き来ばかりだったそうだが、その街並みに魅了され、第二の故郷とも語っている。

  また、今回の新曲は「京都の風情を取り入れ、彩り豊かな和の一曲に仕上げたかった」といい、タイトルに“渡月橋”という地名を入れる力の入れようで、京都色が色濃く反映された一曲となっている。

  そんな中、「京都 嵐山一日観光大使」に就任した倉木は10日、京都きもの友禅がこの日のために特別に手配した深紅の着物姿で京都を訪れた。

  手挿しの色彩が重厚感を感じさせる振袖は、地に箔加工を加えた後、立体感を生む絞り加工を施し、さらに豪華さを出すために刺繍加工を加え、およそ5ヵ月の日数を経て職人の手作業による伝統技法で仕上げられたという特別な品物という。

  振袖に身を包んだ倉木は、「背筋がピンとします。気持ちも引き締まるような清々しい気持ちになりますね」と語った。

  倉木は、まずは風情ある川沿いの道に貼られた十二単姿の自身のポスターを眺めつつ、観光人力車・えびす屋総本店に到着。
  自身のラッピングが施された特別な人力車に乗った倉木は、大勢の観光客からカメラのシャッターを浴びつつ街を一周した。

  そ の後、商店街を散策し、街の至る所に点在する自身の特別看板に丁寧にサインを入れていった。

  また、駅のホームアナウンスが自身の声となっている嵐電嵐山駅では、自身のオリジナルヘッドマーク・中吊りジャックを施した特別な電車の車両を前に、「このように風情のある嵐電さんとコラボレーションできたことはとてもうれしく、感慨深いです」としみじみ。

  さらに、嵐山を一望できる法輪寺に足を伸ばすと、その美しい景色に、「京都の魅力を再発見しました。こうしてまた京都を訪れると学生の頃に戻ったようで私の初心、原点に返ったような気持ちになります」。

  続けて、「学生の頃は本当に忙しくて、なかなか街を楽しむところまでいかなかったのが今でも残念ですが、それでも四季の彩りの美しさ、街の風情にはいつも心癒され、またワクワクした気持ちが膨らんでいました。王道の観光地だけではなく、隠れ家的に素敵な場所もたくさんあって、それを発見する喜び、またそこで出会う人との繋がりも本当に大きな魅力です。大好きな京都を題材に、これからもまた歌を作っていきたいです」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事