• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  唄とアコーディオンの姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」が16日、東京・上野恩賜公園野外ステージで毎年恒例となりつつある「ブタ音楽祭2017」を開催した。

  ステージでは、TBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のオープニングテーマ『進め、たまに逃げても』や「Mr.Children」のメンバーがアレンジ、演奏を手掛けた『かなしみ』といった「チャランポ」の楽曲の披露はもちろん、さまざまなコーナーも用意。

  自身のレギュラーラジオ番組「スットコドッコイラジオ劇場」の公開収録ではふんだんにトークを楽しめるだけでなく、現在earth music & ecologyのテレビCMソングになっている『夢ばっかり』を唄とアコーディオンのみで生歌唱したほか、カバー曲も披露した。

  また、小春の大道芸仲間であるto R mansionが登場し、爆笑ありで会場全体を圧巻する大道芸のパフォーマンスを見せたかと思いきや、妹・ももが猫系アイドル“もも”として登場したり、目まぐるしい七変化ステージに会場は大盛り上がりとなった。

  コーナーパートの最後は姉・小春のソロコーナー。
  アコーディオンの音色が夕暮れ時と相成り、極上のイヴニングタイムへと突入した。

  この日配信リリースとしてライブ初披露となった、映画「はらはらなのか。」の主題歌である新曲『憧れになりたくて』から始まった最終パートのライブコーナーには、大道芸人仲間のゲストも次々と参加。
  ティシュー(=布を用いた空中パフォーマンス)やリングを用いたサーカスがあったりと、盛りだくさんの内容となった。

  そしてアンコールの大トリ『最後の晩餐』をオールキャスト登場で、アコーディオン一本のみの音とは思えない最高潮の盛り上がりで締めくくった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事