• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  「AKB48」の小嶋陽菜が19日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行った。

  高校生の時、東京・原宿駅に貼ってあった「AKB48」のメンバー募集広告を見て、「自撮りが可愛く撮れたから」と応募してから12 年。
  「AKB48」の1期生として、唯一無二のポジションを確立した小嶋が、29 歳の誕生日であるこの日、ついにグループを卒業した。

0002

  最後の公演はOvertureで幕が開くと、小嶋が参加する「AKB48」の最後のシングル曲で自身がセンターを務める『シュートサイン』からスタート。

  4曲目には、同じ1期生の峯岸みなみとともに卒業生の高橋みなみも登場し、派生ユニット「ノースリーブス」として『純愛のクレッシェンド』を披露した。

  小嶋は、「今からは『ノースリーブス』のトークということでよろしいでしょうか?」と話す高橋と峯岸を「着替えがあるから」とステージに置き去りに…。

  代わりに、「小嶋陽菜好感度爆上げ公演」における“神7”に選ばれていた大家志津香、宮崎美穂、島田晴香、中西智代梨が登場すると、「私たちが、今の『AKB48』の神7ですよ」とドヤ顔。

  動揺する高橋に、「今のこの『AKB48』をちょっと違うなって思うなら、自分が辞めたことを悔やむべきだよ」と峯岸がツッコミを入れて、会場の笑いを誘った。

  また、ユニットコーナーでは、小嶋は思い入れのある楽曲を7曲連続で披露。 『スカート、ひらり』では、「最後はやっぱり可愛い子たちがいいな~と思って」と向井地美音、小栗有以などの若手メンバーとともにパフォーマンス。

  『蜃気楼』ではAKB48グループ総監督の横山由依としっとり歌い上げて、『ハート形ウイルス』では真子、菜月の“小嶋3姉妹”でキュートに披露した。

  『抱きしめられたら』では柏木由紀、入山杏奈とセクシーに歌い上げて、さまざまな顔を持つ小嶋を余すことなく見せつけてファンを魅了した。

0003

  29 歳の生誕祭では、総合プロデューサーのAKB48からの手紙が読み上げられた。

  さすがの小嶋も、「小嶋陽菜様 君は…」という一言目で早くも瞳から涙をあふれさせて、2人しか知らないエピソードが盛り込まれた愛情たっぷりの手紙に涙を流し続けた。

  小嶋は、「何年か前に卒業していたら、こんな手紙を頂けてなかったと思うので。ここまで長かったなと思うけど、こんなに長くやってきて良かったなと思える、今一番の出来事かもしれないです」。

  さらに、秋元氏から「もう少し『AKB48』にいたら?」と言われていたら「卒業していなかったかもしれないし、今日こうゆう場がなかったかもしれないけど…」としたうえで、「言わずに自由にさせてくださったというのが秋元さんの優しさだと思って。背中を押して頂いたんだなと思って、一人の小嶋陽菜として、これから29 歳の年は頑張っていこうと思います」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事