• このエントリーをはてなブックマークに追加

0004

  アンコール明けの軌跡映像の後には、女神のような衣装で一人ステージに立ち、卒業ソング『気づかれないように』を歌唱。

  『桜の花びらたち』では16 期研究生も集まり、現役の「AKB48」メンバー全員が小嶋の卒業を祝った。

  小嶋は、「2005年12月8日から『桜の花びらたち』を歌い続けてきました。これから後輩たちみんなのことがすごく心配でもあるし、これからたくさん大変なことも困難なこともあると思うけど、12 年前の1期生の私たちも同じ気持ちでこの曲を歌ってきました。だからこの劇場がある『AKB48』のみんなは何でも乗り越えられると思うし、これからもすごい近くで見守っていきたいと思っています。だからみなさん、これからも(横山)由依ちゃんのことを支えてあげてください」と話した。

  続く、『夕陽を見ているか?』のイントロの間には、「12年前、すごく軽い気持ちで入った『AKB48』に、本気になる瞬間が何度もありました。みんなに出会えたことも、今までの私も、これから先の私も、すべて『AKB48』が与えてくれました。本当にありがとう『AKB48』」と感謝。

  そして、最後の曲となる同曲を熱唱すると、ステージを後にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事