• このエントリーをはてなブックマークに追加

00003

  映画「無限の住人」の公開直前サプライズイベントが25日、埼玉・富士見高等学校で行われ、木村拓哉、杉咲花、福士蒼汰、満島真之介、三池崇史監督が登壇した。

  授業を終えた富士見高校の全校生徒約700名が体育館に集まる中、まずはMCに呼びこまれて三池崇史監督が登壇。

  三池監督は、「ラブストーリーがあんまり得意じゃない監督が今度はぶった斬りエンタテインメントをつくりました」とあいさつした。

  さらに、「この作品は斬り合いもあり、アクションも見どころですが、どうして斬り合うのかというようなドラマが豪華なキャストのみなさんに集まってもらって実現できました。映画監督になるなんて思ってもみなかったことですが、奇跡的な出会いがあって今こうしてやらせてもらっています。思ってもみなかったこというのは、意外と起こるんです。いくら説教っぽく言ってもしょうがないと思うので、みなさんにも体験してもらおうと思います」とコメント。

  そして、木村と杉咲、福士、満島が呼び込まれると、場内は割れんばかりの歓声があがった。

  木村は、「こんにちは、(不死身と富士見で)字はまったく違うのですが、これも何かの縁ということで、よろしくお願いします。生徒と先生のコミュニケーションがとれているのか、やんちゃな子がいないですね」と笑顔。

  杉咲は、「今日は短い間ですがよろしくお願いします。高校生の頃はリレーの選手でした。今もちょっと速いです」とハニカんだ。 福士は、「高校生のみなさんのパワー、スゴいですね、もし今高校生に戻れるとしたら留学をしてみたいです」。

  満島は、「ハローエブリワン、体育の先生みたいな格好をしていますが、今が小学生のような気分なので、高校時代に戻ってもしょうがないですね」と話して笑わせた。

  「じつは、部活の顧問の先生に一目ぼれして陸上部に入ったのですが、思っていた以上にキツくて先生がいない時の部活はヤル気があまり出ません。そういう時のやる気の出し方を教えてください」という生徒からの質問に対し、木村さんは「この場でこの相談をされても非常に困っちゃうんですけど…」と苦笑しながら、陸上部顧問の先生をステージ前に呼び込むサプライズも。

  質問した当人と陸上部の部長も前方に呼び、「どういうことなの?」と木村が聞くと、生徒はタジタジとなり、部長が責任をもって見守ることで一件落着となった。

  また、「失敗した時の気持ちの切り替え方を教えてください」との問いに杉咲は、「私は失敗しても眠ると忘れちゃうんです。あとはお風呂に入るとか、ご飯を食べることですかね。あ、あと回鍋肉」と答えて会場の笑いを誘った。

  「どのようなキッカケで夢を見つけましたか?」と尋ねられた福士は、「僕も高校生の頃は夢がなかったのですが、お仕事をやっていくうちに責任が出てきて負けたくないと思った時、夢がうまれました」と話した。

  「初対面の人と話すのが苦手なのですが、人とコミュニケーションをとるうえで何か気をつけていることはありますか?」との悩みに満島は、「まずは世界共通の目を見てあいさつするということを実践しよう。無理に話す内容を考えたりしなくても、自然としゃべりたいことが生まれてくるはずだよ。素敵な現場ではみんなしっかりとあいさつをするから、先生も生徒のみんなも心掛けてもらえると最強の富士見高校になると思うよ」とした。

  最後に木村は、「みなさんの時間をつかわせて頂きありがとうございました。『無限の住人』は三池組の一員として撮影に臨ませて頂ききました。自分ひとりの力だと勘違いしてしまいそうになる時もあるかもしれませんが、周りのみんながいて自分たちが輝くということを忘れず、周りのみんなを感じて、限りある命を生きていってほしいと思います。映画を観た後で、もっともっと全力でもったいない時間を過ごさずに全力の人生を生きてもらえたらと思います」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事