• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  「SKE48」が27日、大村秀章愛知県知事を表敬訪問した。

  「SKE48」 は、2011 年から愛知県の「LOVE あいちサポーターズ あいち広報大使」を務めており、多くの愛知県の行事に参加してきた。
  今年も引き続き、愛知県の魅力をPRしていくことになり、「SKE48」のメンバーを代表してキャプテンの斉藤真木子をはじめ、須田亜香里、木本花音、江籠裕奈、北川綾巴、熊崎晴香、小畑優奈、後藤楽々の8人が、2月にリリースした「SKE48」のセカンドアルバム『革命の丘』のCD と須田の著書「コンプレックス力~なぜ、逆境から這い上がれたのか?」を持参し、大村県知事を表敬訪問した。

  午後4時40分から行われた面談では、大村県知事は、「今年も『LOVE あいちサポーターズ あいち広報⼤大使』として『SKE48』のみなさんに色んな場面でサポートして頂くことになると思いますので、笑顔で大いに盛り上げて頂ければと思います」。

  さらに、「『SKE48』のみなさんには、平成23 年、6年前から “LOVE あいちサポーターズ”としてご活躍頂いています。一番は『SKE48』のみなさんがどんどんメジャーになって、どんどん活躍して頂くことが愛知県にとってのPR に繋がると思いますので、どうか今年、平成29 年度もみなさんの元気と笑顔で大いに名古屋も愛知も日本も盛り上げて頂けるように頑張って頂きたいと思います。今年も “LOVE あいちスペシャルコラボ”で色んなことをやりますので、またよろしくお願いします」とコメントした。

  大村県知事もゲスト出演した昨年11月の「SKE48」のソロコンサート「みんなが主役! SKE48 59人のソロコンサート~未来のセンターは誰だ?~」の話題になると、大村県知事は「あれは思い出深かった。楽しかった~!」と笑顔。

  須田が、「今年も何か御一緒できないかなというのを考えているんですけど、今年は私たちが劇場公演で自己紹介の時にやるようなキャッチフレーズを大村県知事も作ってみませんか?」と提案。

  これに対して大村県知事は、「それはぜひ研究してみよう。また何かある時にはね(笑)」と冗談交じりに盛り上がる場面も。

  また、斉藤の「『SKE48』の曲で好きな曲はありますか?」との問い掛けに対して、大村県知事は「『アイシテラブル!』がノリが良くて好きだね」と明かし、サビを鼻歌で歌うなど終始和やかな雰囲気となった。

  斉藤は、「私は『SKE48』に入って9 年目になるんですけど、今は『SKE48』のキャプテンを務めさせて頂いております。『SKE48』に来て9 年間ずっと愛知県という楽しい場所に居られているなと感じているので、もっと魅力を伝えられるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」。

  須田は、「こうして今年も『SKE48』が引き続き『LOVE あいちサポーターズ あいち広報大使』を務めさせて頂けるのは本当にうれしいことだと思いますし、私は生まれも育ちもずっと25年間、愛知県なので、地元の方には改めて愛知県っていいところだなって思ってもらいたいですし、他の地域のみなさんにも行きたいなって思ってもらえるような場所だということを伝えていきたいと思います。引き続きよろしくお願いします」と抱負を語った。

  木本は、「私は(昨年に)『あいち花フェスタ』に参加させて頂いて、すごく楽しかったので、また色んなイベントで『SKE48』のメンバーと参加できたらいいなと思います。よろしくお願いします」、江籠は「私は去年、北海道の旭川で中部線のPRに参加させて頂いたですけど、これからもそういう遠く離れたところでも愛知県の魅力をたくさんPRできたらいいな と思うので、これからもよろしくお願いします」。

  北川は、「愛知県にはいいところや美味しいものがたくさんあるので、そういうところをもっともっと紹介できるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします」、熊崎は「私も生まれも育ちも愛知県なんですけど、今年で私20歳になったので若々しく元気いっぱいに愛知県の魅力をたくさん伝えていきたいなと思います。よろしくお願いします」、小畑は「私は愛知県出身なんですけど、大好きな県なのでもっとたくさんの方に知ってもらえるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」と意気込んだ。

  後藤は「私は英語が話せて、ゴルフもプレイできるんですけど、大村さんはゴルフをされますか?」と問い掛けて、大村県知事が「昔はやっていたよ」と答えると、「今度一緒にまわれるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事