• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  安室奈美恵が3日、大阪・オリックス劇場で自身最多公演数となる100公演の全国ホールツアー「namie amuro LIVE STYLE 2016-2017」の最終公演を行った。

  この日は全国40都市、100公演、約26万人動員のロングツアーの最終公演。
  安室は、総勢10名のダンサーとアンコール含めて全27曲を披露した。

  2016年を代表する一曲となったNHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソング『Hero』では、安室がマイクを向けると、それに答えるかのように観客がシンガロング。
  『Baby Don’t Cry』などのミディアムナンバーでは、コミュニケーションを取るかのように、観客一人一人に笑顔で手を振るなど、ホールという近い距離だからこそ生まれる親密で温かな空気が会場を包んだ。

  安室は、「初めての100公演を、無事に終えることができてとてもうれしく思います。ホールツアーということで、みなさんとより近い距離でライブを楽しむことができました」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事