• このエントリーをはてなブックマークに追加

00002

  中川翔子が3日、Zepp DiverCity Tokyoで32歳のバースデーライブ「Shoko Nakagawa Birthday Live 2017 ~Reborn~」を行った。

  この日は、中川の父・中川勝彦氏の享年と同じ年齢を迎える彼女の誕生日を祝うべく、会場には昼・夜2公演で計2200名ものファンが集まった。

  中川はライブ序盤で11年連続出演が決定した「ポケモン」シリーズの劇場版主題歌にもなった『心のアンテナ』や、ディズニー映画「ラプンツェル」の続編テレビシリーズ「ラプンツェル あたらしい冒険」のオープニング曲『Wind in my hair(髪に風うけて)』などを披露した。

  ライブ中盤では、改めて32歳を迎えるにあたり、「『calling location』の歌詞の中にも、“いつか あの日の君を追い越してしまった後も”と出てきますが、ついに“いつか”と思っていた、私の父がいなくなってしまった32歳という年齢に差し掛かります」と語ると、歌ってみたかったという父・勝彦氏の楽曲『プリーズ・アンダー・スタンド・ミー』を熱唱した。

  また、父への想いを中川自らが作詞した楽曲『RAY OF LIGHT』では、今年のライブのコンセプトである“Reborn(=生まれ変わる)”の決意を込めた彼女の歌声を会場のファンも聴き入っていた。

  そして本編最後は、歌手・中川翔子の代名詞でもある、アニメ『グレンラガン』主題歌のコーナーへ。
  中川は「“アニメソングを歌いたい”という私の夢をかなえてくれたアニメです!」と熱い思いを明かすと、代表曲『空色デイズ』など続けて4曲を披露し、ステージを後にした。

  アンコールでは、中川の顔をかたどったバースデーケーキが登場。
  最後にバースデーソング『make a wish ♡』をファンと一緒に歌い、バースデーライブを締めくくった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事