• このエントリーをはてなブックマークに追加

000001

  人気声優の伊藤美来が3日、 2ndシングル『Shocking Blue』のリリース記念イベントを東京・後楽園ラクーアガーデンステージで行った。

  同シングルは、伊藤本人の出演しているテレビアニメ「武装少女マキャヴェリズム」のオープニング主題歌で、伊藤初のタイアップとなる。
  楽曲は、学園バトルアクション作品にふさわしいスピーディーな展開と切れ味鋭いブラスサウンドが特徴となっている。

  伊藤はこの日のステージに立つと、「本当にたくさんの人に来て頂いて、本当にありがとうございます! 今日は盛り上がっていきましょう!」と呼び掛け、『Shocking Blue』のテレビサイズを披露して観客を沸かせた。

  また、同シングルの発売を迎え、「発表からあっという間に発売日を迎えたのですが、みなさんの『買ったよ』とか『MV全部観たよ』というコメントや声を聞いて、このステージでやっと発売になったことの実感がわいてきました」。

  続けて、「『Shocking Blue』は今まで歌ったことのないカッコイイ楽曲になっているので、大人っぽい歌い方にもチャレンジしているので意識して聴いてもらえたらうれしいです」と思いを伝えた。

  その後、デビューシングルの『泡とベルベーヌ』を歌い上げると、久しぶりの歌唱で緊張していたところイベント前に宇宙戦隊キュウレンジャーのショーを観て、シシレッドに力をもらったというエピソードを明かした。

  『Shocking Blue』のカップリング曲で歌詞が切なく大人な恋愛を思わせる『ルージュバック』の歌唱の前には、「本当にオシャレな曲になっていて、歌詞も大人っぽい切ない歌になっているので、小説のように世界に入り込んでもらいたいです」とアピールし、ステージ初披露。

  そして、フルサイズの『Shocking Blue』を熱唱。

  最後には、オープニング主題歌となっている「武装少女マキャヴェリズム」のストーリーにちなみ、伊藤に刀傷をフェイスペイントされるという“矯正会”も行われ、大盛り上がりの中でイベントは終わりを告げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事