• このエントリーをはてなブックマークに追加

00002

  布袋寅泰が自身初となる台北&香港公演を行った。

  先だって成功させたドイツ、オランダ、スイス、ベルギーの4カ国8都市を巡る単独ヨーロッパツアーでは各国のオーディエンスを驚嘆させ、オランダ・パスポップ・フェスティヴァルでは布袋のステージに押し寄せた2000人が彼のギタープレイに熱狂した。

  さらに、アジアツアー直前にはイタリアで2万人の観客を相手にズッケロとの再共演を果たし、その華麗なパフォーマンスが絶賛された布袋。
  台北・香港公演ともに会場は満員の観客で埋め尽くされ、多くの地元メディアや両国のトップ・ギタリスト、若手ミュージシャンが「日本一のギタリストのプレイ」を一目見ようと会場に駆けつけた。

  台北公演後の香港ライブは序盤、世界リリース・アルバム『STRANGERS』収録の『Strangers』、『Medusa 』と重厚ド級ナンバーを連続し、観客を魅了するが、布袋本人の表情はクールそのものだ。

  インストゥルメンタル・ナンバーを2曲続けた後、英語詞によるボーカル曲『How the Cookie Crumbles』がスタート。
  それと同時にフロアが垂直に跳ね上がり、自身の頭上にまで真っ直ぐ蹴り上げる布袋特有“足上げパフォーマンス”に客席から驚きの声があがった。

  中盤で披露した『New Chemical』では華麗なアンサンブルと気迫のギター・プレーを見せつけると、世界中で知られる『Battle Without Honor or Humanity』では、映画「007」や「ミッション:インポッシブル」のテーマを引用したアドリブを展開し、映画「キル・ビル」のテーマにもなった同曲とシンクロさせた。

  MCでは、「みんな、アルバム『STRANGERS』は手にしてくれたかな? 大丈夫、心配はいらないよ。会場を出たところで手に入るし、お金を払うことができる」と流ちょうな英語でジョークを放って会場を盛り上げた。

  その後も、1stソロアルバムから『MATERIALS』、「COMPLEX」のナンバーの『BE MY BABY』が披露され、終盤には「BOØWY」のナンバーの『DREAMIN’』の日本語詞を会場全体が大合唱する一幕も。
 
   本編を『スリル』で締めると、大喝采を受けてアンコールへ突入。
  『バンビーナ』、『RUSSIAN ROULETTE』をパフォーマンスして大盛り上がりの中、ステージの幕は閉じた。

写真=山本倫子/Michiko Yamamoto

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事