• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  「妄想キャリブレーション」と「でんぱ組.inc」の古川未鈴、相沢梨紗、藤咲彩音が27日、熊本県南阿蘇村の野外劇場アスペクタで開催された「阿蘇ロックフェスティバル2017」にオープニングアクトとして出演し、初共演を果たした。

  同イベントは、熊本地震の復興支援として、歌手・泉谷しげるらが呼び掛けて開催されたもので、「ウルフルズ」や「電気グルーヴ」、WANIMAなどの人気アーティストが集まった。

  ステージは「妄想キャリブレーション」の新曲『桜色ダイアリー』からスタート。

  続いて「妄キャリ」メンバーに紹介される形で「でんぱ組.inc」の藤咲がステージに登場。
  「妄キャリ」の星野にぁとのユニット「ニァピン」で、新曲『PINKY☆STAR』を初披露した。

  さらに、3曲目では「でんぱ組.inc」の相沢と「妄キャリ」の桜野羽咲による新ユニット「LAVILITH(ラビリス)」が登場し、新曲『スバラシキセカイ』をこちらも初お披露目。
  「創聖のアクエリオン」などで知られるアニソン界の大御所・岩里祐穂氏が作詞した同曲の幻想的なメロディーを、ユニットとして初のステージとは思えない圧倒的な歌声と存在感で魅せつけた。

  最後の曲では、センターポジションに「でんぱ組.inc」の古川を据えて、再び「妄キャリ」メンバー全員が登場。
  激しいダンスパフォーマンスでテレビアニメ「タイムボカン24」のエンディングテーマの『激ヤバ∞ボッカーン!!』を披露した。

  パフォーマンス後、星野が「今日ここでしか見られないユニットやコラボを楽しんで頂けましたか!?」と客席に呼び掛けると、相沢が「最高の景色と最高の空気! みんな最後まで楽しんでいってね~!」と笑顔で話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事