• このエントリーをはてなブックマークに追加

00004

  アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈が、7月15日公開の映画「人狼ゲーム マッドランド」で長編映画初主演を果たすことが分かった。

  同映画は、原作小説&コミカライズがシリーズ累計70万部を突破し、アプリゲームでもスマッシュヒットしている「人狼ゲーム」の実写映画。

  桜庭ななみ主演の「人狼ゲーム」(2013年)、土屋太鳳主演の「人狼ゲーム ビーストサイド」(2014年)、高月彩良主演の「人狼ゲーム クレイジーフォックス」(2015年)、小島梨里杏主演の「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」(2016年)、古畑星夏主演の「人狼ゲーム ラヴァーズ」(2017年)に続く、第6弾となっている。

  浅川梨奈は、「層々たる方々が出演してきた『人狼ゲーム』シリーズの第6弾の主演をさせて頂けると聞いた時はものすごくうれしかったですし、歴代の『人狼ゲーム』シリーズが大好きだからこそ、この10人で歴代を超えたいと強く思いました」。

  続けて、「楽しみな感情の反面プレッシャーや不安、責任を感じながら、正面から小池萌に精一杯向き合いたくて、綾部監督と何度も話をしながら萌を自分の中に落としていく作業をしたのですが、とても難しくてたくさん悩み、考えました。ゲームが目の前で起こっている現実に戸惑いながらも強くなっていく萌に、演じながら色んな感情を教えてもらっています」とし、「今までの人狼ゲームシリーズとは違い、今回は『狂人村』。普通の人狼ゲームとはルールが異なるので、今までとは違う感覚で楽しんで見て頂けるのではないかと思っています。ぜひ楽しみにしていてください」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事