• このエントリーをはてなブックマークに追加

0004

  関西を拠点に活動する5人組アイドルグループ「たこやきレインボー」が、全国5ヵ所をまわる、たこ虹春の全国ツアー「Rainbow Revolution」ラスト公演を3日、大阪・Zepp Nambaで行った。

  この日は7月22日に大阪城野外音楽堂で初のファンミーティング「虹家族会議2017」を開催することを発表。

  メンバーの春名真依が、「秋に発売される4thシングルを2枚予約するだけで入れます!」とファンミーティングの入場方法をうっかりと他のメンバーに内緒で明かし、会場をどよめかせる場面もあった。

  今回このツアーを振り返って春名は、「今日この瞬間この場所で、みんなで革命を感じたことはずっと忘れないでください」。

  根岸可蓮は、「今回のツアーは色んなことが気づくツアーでした、めっちゃ楽しかったでーす!」、清井咲希は「“虹家族”さんのみなさんが思っているたこ虹の限界を超える、絶対ええ景色見せるからこれからもずっと見ててなぁー!」、彩木咲良は「最強のスタッフさん、バンドのみなさん、メンバー、虹家族さん、全員咲良が引っ張っていくからついて来てやー!」とそれぞれ意気込んだ。

  さらに、リーダーの堀くるみは「みなさん、声を出しすぎたので喉が疲れていますよね?」とファンを気遣いつつ、「このツアーで私たち革命を起こしたと思います。これからもずーっと虹色革命を起こしますので、そして甲子園でも革命を起こすので、絶対私たちについて来てください!!」と呼び掛けた。

  そして最後は、1stシングル『オーバー・ザ・たこやきレインボー』でツアーを締めくくった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事