• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  演歌歌手・氷川きよしが6日、東京・明治座で「氷川きよし 特別公演」の記者会見を行った。

  氷川は、今月2日から6月30日まで、東京・明治座で同公演を上演中。
  同公演の第一部で「ねずみ小僧」を演じる芝居を披露し、第二部では「氷川きよしコンサート2017 in 明治座」と題したステージを行っている。

  また、5月30日には新曲『きよしのねずみ小僧』を収録したニューアルバム『新・演歌名曲コレクション5 −男の絶唱−』をリリースした。

  氷川は、「今日で5日目です。初日が2回公演だったので、夜の部ではへとへとになり、ろれつが回らずさっそくかんでしまったのですが、集中して、神経をとがらせて、しっかり台詞を伝えてみなさまに楽しんで頂きたいと思います」。

  初めての座長公演から16年の月日が流れたことには、「なつかしいですね。あの頃は慣れなくて緊張しました。台詞が多くて、熱も出た状態で芝居したりして、声もガラガラでしたね」と振り返った。

  そのうえで、「今は声の調子もいいので、台詞を言うのも楽しいですし、お芝居をしたり、歌えることがありがたいなと感謝の気持ちでいっぱいです」としみじみと語った。

  今回「ねずみ小僧」を演じることには、「初めてのねずみ小僧です。僕の中でねずみ小僧は気っぷがよくて畳み掛けるように話すイメージでしたが、僕は普段からゆっくり話すのが好きなので、自分のねずみ小僧を作ろうという気持ちでやらせて頂いています。自然体で素の自分に近い、氷川きよしのねずみ小僧が演じられたらいいなとやらせて頂いています」と明かした。

  劇中では、屋根の上のシーンもあるが、「高所恐怖症なので、高いところに登るだけで手に汗をばーっとかきます。でも、お仕事ですから責任もってやらせて頂きますが、正直怖いです。でも本番だとお客さまの拍手でモチベーションが上がり、平気になりますね。感謝の気持ちでいっぱいです」とした。

  ニューアルバムについては、「5月30日に『氷川きよし新・演歌名曲コレクション5』が発売になりました。今回、劇中歌になった『きよしのねずみ小僧』も、今頑張っている『男の絶唱』という曲も入っています。さまざまな人間模様を歌っている曲なので、みなさまの人生と掛け合わせながら聞いて頂けるとうれしく思います」。

  さらに、「DVDにはねずみ小僧の映像と『ふるさと』というポップス系の作品の2曲入っています。福岡の両親に対する自分のストレートな思いをつづった曲なので、みなさんの人生と掛け合わせて聞いて頂きたいです」とアピールした。

  『ふるさと』はポップス調の曲になっているが、「ポップスも演歌も好きです。日本人のプライドとして演歌を歌わせて頂いていますし、ポップスはストレートにことばを伝えられますので、音楽のかたちを変えて色々なジャンル挑戦していけたらいいなと思います」と意欲をみせた。

  また、同アルバムには昨年大みそかの「NHK紅白歌合戦」で披露した『白雲の城』も収録されているが、「再録音もさせていただきました。昨年の『紅白歌合戦』で熊本城の前で歌わせて頂いて、そのあとコンサートでも歌いましたが、『白雲の城』はずいぶん昔に録音したので声が若いんです。もう1回ちゃんと録音して、今の39歳の氷川きよしの声で楽しんで頂きたいと思いまして、新録音してアルバムに入れさせて頂きました。僕の作品の中では体力的にも声量的にも一番難しい曲なので、大切にして、みなさんにお届けさせて頂けたらと思います」。

  最後に「2年ぶりとなります、明治座での公演を6月の1ヵ月間やらせて頂いております。全国から多くのみなさまにお越し頂き、この前は奄美大島からもお越し頂きました。ずいぶん交通費も使われたのだろうなと申し訳なく思います。僕はとにかく一生懸命やって、みなさまにたくさん心のお土産を持って帰って頂けるようにという思いで日々、ステージの上で感謝の気持ちを込めてやらせて頂いております。もしよろしければ明治座に遊びに来て頂きたいと思います。1ヵ月間、精一杯ねずみ小僧を勤めさせて頂きます」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事