テレビの裏側をコッソリ暴露! 謎の業界人集団「チーム・スパイス」の業界裏日誌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

000

  午後8時半、オレは某球場の近くにある居酒屋にいる。

  これから番組の打ち合わせをするタレントHがプロ野球の観戦をした後ならば、いくらでも時間があるということで、試合が終わるのを待っているのだ。

  Hはある在京球団の大ファンで、スケジュールが空くと必ず試合を観にいくという筋金入りのファンである。

  スマホでプロ野球速報をチェックしてみると、彼のご贔屓球団は負けている。
  打ち合わせをスムーズに進めるためにも、今夜は是非とも彼のファンの球団が勝つことをオレはただひたすら祈る。
  Hは贔屓球団が負けると、至極機嫌が悪くなるのだ。

  芸能界にはプロ野球ファンが多い。
  テレビを見ていれば、目にしたことがあると思うが、球団ごとに熱狂ファンというのがいる。

  ある芸人はファンの球団の試合のスコアを毎回付けているし、またあるタレントは秋のドラフト会議に向けて高校、大学、社会人野球にまでチェックを欠かさない。
  まあ、チェックしたところで彼の意見が球団に反映されるわけではないのだが、ファンとして何とか役に立ちたいという思いがそうさせているのだろう。

  その一方で、中には“ビジネスファン”というのも存在する。

  その年、快進撃を続ける球団の人気に便乗し、さも昔からファンでしたとアピールするのだ。

  しかし、いかんせんにわかであるので、ファンなら誰しも絶対に分かるような質問にも答えることができず、すぐに馬脚を現すことになる。
  中には、野球のルールすら分からないという強者さえいる。

  もっとも最近は、ネットで過去の発言などを拾われ、かつては他球団のファンであることを暴露されるなど“ビジネスファン”を貫くのもなかなか難しい環境ではある。

  某人気アイドルは、ある球団の大ファンということになっているが、じつはその昔、別の球団のファンとして雑誌記事に取り上げられていることはテレビ界ではタブーとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事