• このエントリーをはてなブックマークに追加

  0006

  「第9回AKB48選抜総選挙」が17日に開票され、5位に「NGT48」の荻野由佳、6位に「SKE48」の須田亜香里、7位に「AKB48」の横山由依がランクインし、選抜メンバー入りを果たした。

  速報発表で暫定1位にランクインして話題を集めた荻野は、7万3368票を獲得して初の選抜メンバー入りを果たした。

  荻野は、「小学校6年の時から『AKB48』は憧れの存在で、どうしてもAKB48グループに入りたくて、4年間オーディションを受け続けましたが、ずっとダメで落ちこぼれでした。ドラフト会議でようやく『NGT48』に選んで頂けて。速報で1位の時はビックリしたし、『総選挙』を私が壊してしまったのかなと思った時もありました」と回顧。

  そして、「今、憧れていたAKB48グループの総選挙でこんな順位を頂いて夢のようです。あきらめずにオーディションを受けてきて良かったです」とし、「『努力は必ず報われる』を今、証明できていますか? 無名の私をアイドルにしてくれてありがとうございます!」と感謝した。

00007

  6位には6万3124票を獲得した須田がランクインし、2年連続の選抜入りを果たした。

  須田は「6位に入れて頂きました。皆さんが一番好きになってくださったり、“瞳の中のセンター”にして頂いたから6位になりました。ありがとうございます」と笑顔。

  続けて、「今だに“須田亜香里”とネット検索すると、『なぜ人気?』、と出てきます。そして、その次に『可愛くない』と。つまり世間の方が私に持ってくださっている疑問をまとめますと、『須田亜香里は可愛くないのになぜ人気?』ということになります」とし、「きっと今、テレビを見てくださっている方の中にも、同じように感じている方もいるんじゃないでしょうか? でも私はその疑問がすごくうれしいです。なぜなら、私なりの形ではありますが、それも須田亜香里がこの48グループに興味を持って頂けるとキッカケというか、入り口になれているということだからです」と明かした。

  そのうえで、 「みなさんの中でその疑問が晴れる頃にはコンプレックスや欠点も、力になるんだということを、希望に思ってもらえたらいいなと、個人的には思っています。コンプレックスや欠点はない方がいいと私も思っていました。だけどこのグループに入って、この1年でとくに考え方が変わって、コンプレックスとか欠点って、出会うべき人と出会って補い合うためにあるんだって気づくことができました」。

  さらに、「デコボコしているように見えて、良いところも悪いところもあるというのが、私が今日6位に入れた理由だと思います」とし、「ファンのみなさんのおかげでネガティブなことおも受け入れられるようになりました」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事