• このエントリーをはてなブックマークに追加

0002

  「第9回AKB48選抜総選挙」が17日に開票され、「HKT48」の指原莉乃が史上最多票数となる24万6376票を獲得し、「総選挙」初の3連覇を達成した。

  最後の総選挙でV3を果たした指原は、「まずは投票してくださったみなさん、そして応援してくださったみなさん、本当にありがとうございます。本当にうれしいです!」と感謝。

  続けて、「私の今までの活動はきっと『総選挙』とともに合ったと思います。今こうやってテレビに出ている自分に少しずつですが自信が出てきたたことも、たくさん迷惑を掛けてしまった両親に少しずつ恩返しできていることも、すべては応援してくださっているみなさんが、私にしてくれたことからはじまったと思っています」とした。

  さらに、「私は、この楽しいことばかりではない『総選挙』に出会えて、きっとメンバーの中にはツライ思いをしている方が多かったり、悔しい気持ちになっているのが大きいメンバーの方が多いと思いますが、この『総選挙』というイベントに出合えて、そして参加できたことを本当に幸せに思っています」。

  その一方で、「横山(由依)からありましたように、今回、沖縄でのコンサート会場でのイベントが中止になってしまったこと、天候のこととはいえ、6月に野外でという無茶があったと思います。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

  そのうえで、「こうしたことの積み重ねで、みんなの気持ちが離れていくことがとても怖いです。今のAKBはどんどん信頼を失っている気がして、みんなが離れていくことが本当に怖いです。そして今、大事な仲間が卒業発表して、これからどうなっちゃうんだろうって本当に不安です」と胸中を明かした。

  その後、「みなさん、どうかこれからもスタッフ一丸となって頑張りますので、『AKB48』を見捨てないでください!」と声を震わせながら訴えた。

  改めて、今年の「総選挙」が最後の出馬であることに触れつつ、「頼もしいスピーチをしてくれた後輩にこれからはすべてを託して、私は迷惑を掛けないように後を追いかけていきたいと思います。こんな私を、普段はバラエティーではアイドルらしからぬ発言ばかりしている私を、アイドルにしてくれたファンのみなさん、改めてありがとうございました」と再び感謝。

  そして、「これからもAKB48グループを一緒に作ってくれるかな?」と他のメンバーに呼び掛けて、「いいとも~!」との声を受けると、満面の笑みを浮かべた。

  2位でグループからの年内卒業を発表した「AKB48」渡辺麻友と3位の「SKE48」の松井珠理奈への言葉を求められると、指原は珠理奈に対して、「『一緒に戦いたい』と言ってくれたこと本当にうれしいです。こんなに心強い後輩がいてくれて、来年の『総選挙』もきっと盛り上がるだろうなと、安心しています。来年、『HKT48』に強いライバルがいますけど、しっかり戦ってください。頑張ってね」。

  渡辺に対しては、「そして、麻友ちゃん。今は正直スゴくショックで、言葉になりません」と言葉を詰まらせると、「ずっと頑張ってくれた麻友ちゃんがいなくなって、どうなってしまうのか分からないけど、ドラマをやっている麻友ちゃんは本当に楽しそうで、きっと次に進むんだろうなって。前向きな顔をしていたので、麻友ちゃんの判断を応援したいなと思います。頑張ってね」と声を掛けると、抱擁を交わした。

  なお、開票イベントは、悪天候のため、当初予定されていた豊見城市の豊崎美らSUNビーチから室内施設へと場所を変更し、無観客で行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事