• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」が17日、東京・台場のZepp Diver City TOKYOで結成7周年を記念したライブ「SUPER☆GiRLS 7th Anniversary LIVE」を開催した。

  ライブは、「SUPER☆GiRLS」の楽曲の中でも勢いと力強さのある『赤い情熱』で幕開け。

  その後は「SUPER☆GiRLS」の初期からのグループカラーでもある「虹色」をテーマに、曲によって会場のサイリウムの色がカラーチェンジしていき、ライブ終盤での『超絶☆レインボーメドレー』では会場全体が虹色に染まる演出もあった。

  さらに、会場は世界で初めて空間演出に香りを使い始めたscentair社の協力のもと、空間に香りを使うという三次元の演出も実施。
  各部とも23曲のパフォーマンスでファンを盛り上げた。

  2部公演終了後、観客のアンコールの声を受けてメンバーたちがステージに登場すると、今年3月末に前リーダーの前島亜美が卒業し、それ以降不在だった新リーダーに溝手るかが就任することが発表された。

  溝手は「宣誓! 私、溝手るかは『SUPER☆GiRLS』の新リーダーとしてメンバーとファンのみなさんに最高の景色を見せられるよう、私にできるすべてを『スパガ』にかけることを誓います!」と宣言した。 その後にメンバーたちは新体制で『花道!!ア~ンビシャス』を熱唱した。

  溝手は、「『SUPER☆GiRLS』の4代目リーダーを務めさせて頂くことになりました、溝手るかです。今日からはリーダーとして、自分にできる全てを精一杯『スパガ』に注ぎたいと思います」。

  続けて、「まだまだ頼りない私ですが、メンバーとファンのみなさま、『スパガ』を愛してくださるすべてのみなさまを、最高の景色が見える場所へ導いていけるように頑張ります」とコメントした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事