• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  「SKE48」が22日、愛知・名古屋のSKE48劇場で「第9回AKB48選抜総選挙」の感謝公演「総選挙感謝公演~まずはありがとう! 話はそれからだ~」を行った。

  今年の「総選挙」で「SKE48」は、メンバー19人がランクインし、そのうち全グループで最多となる5人が選抜メンバー入りを果たした。

  公演はovertureで幕が開き、今回の「総選挙」でランクインしたメンバー19人がステージに登場。
  3位を獲得した松井珠理奈の「『SKE48』を応援してくださったみなさん!」という声に続いて、ランクインしたメンバー全員が「ありがとう~!!」と感謝し、「総選挙」ランクインのお祝い曲『ハッピーランキング』でスタートした。

  15 位で選抜入りを果たした高柳明音が、「改めてみなさん、ありがとうございます。みなさんのお陰で、私たちがここに立てているわけですけど、今年は『SKE48』から19 人がランクインできました! 選抜も『SKE48』が一番多い5人!」とアピール。
  珠理奈も、「やっとファンのみなさんの声が聞けてうれしいね」と笑顔で語った。

0002

  「総選挙」で初ランクインとなった46位の後藤楽々、58位の荒井優希、72位の小畑優奈、78位の髙畑結希の4人で『向日葵』をパフォーマンスすると、8位で選抜入りを果たした惣田紗莉渚や高柳ら7人『ごめんね、SUMMER』を、6 位で選抜入りを果たした須田亜香里、14位で同じく選抜入りを果たした古畑奈和ら7人で『青空片想い』を披露した。

  開票スピーチを映像で振り返るコーナーでは、後藤が「英語でスピーチをさせて頂きました。自分が2万票を超えるとは思わなくて緊張している中、名前を呼ばれたので本当に、本当にうれしかったです」と回顧。

  22 位の大矢真那は、「発表された時、『チームS』のみんなが喜んでくれた姿が映っていましたが、あれは速報発表の時に『1位が誰?』ってザワザワした時に、都築里佳ちゃんがみんなに聞こえるくらい大きな声で『まさなさん!』って言って。楽屋に戻って落ち込んでいたのを、『チームS』のメンバーみんなが知っていたので、選挙本番でメンバーやファンの方と喜びを共有できて良かったです」と明かした。

  また、古畑は「ファンのみなさまがいなくて寂しかったので、来年もしまた総選挙があるなら、ファンのみなさまと一緒に喜びたいです」。

  惣田は「選抜用のスピーチだけを持ってあの日は望みました。感謝の気持ちだけじゃなくて、これからに繋がるスピーチを意識しました。8位の順位を今後に活かしていけるように活動していきます」とさらなる飛躍を誓った。

  珠理奈は、「本当に3位というステキな順位をありがとうございます。1位を目指していたので、悔しいなと思う気持ちが出てしまいましたが、笑顔でスピーチしようと思いました。でも、やはり悔しさから椅⼦から立つのが初めてイヤだなと思いました」。

  続けて、「スピーチを聞いた人に、『プロレスラーなんじゃないか?』って言われるけれど、それは私にとっての最高の褒め言葉で、プロレスラーって誰もがマイナスなことは言わないんです。だから、マイナスなことを言ってはいけないな、と。心を強くいなきゃいけないなと思って、あのスピーチをさせて頂きました。少しハリウッド珠理奈が出ていたかもしれません(笑)」。

  そのうえで、「来年は『SKE48』が第一党になりたいという気持ちが増しました。普段からみなさんに支えられて、『SKE48』はとくにみなさんと一緒に頑張っていくグループだと思うので、引き続き、『SKE48』への応援、よろしくお願いします」と語った。

  36位にランクインした江籠裕奈は、「改めてこうやって19人のメンバー、一人ひとりがスピーチの時間を持てたことは、みなさんのお陰だと思います。ありがとうございます」と改めて感謝の言葉を述べた。

0003

  公演終盤では、7 月19日にリリースする『SKE48』の21stシングル『意外にマンゴー』をサプライズで初披露。

  今回、初のセンターに抜擢された小畑は、「劇場で初披露できたことが一番うれしいです。成長する女のコがテーマなので、私たちと照らし合わせて聞いて欲しい。みなさんこの夏は『意外にマンゴー』で盛り上がっていきましょう!」とアピール。

  初選抜の矢作有紀奈は、「今回初選抜に選んで頂いて、この曲を通して色々なお仕事をさせてもらうと思うんですけど、このチャンスを無駄にしないで頑張っていきたいです」と意気込んだ。

  同じく初選抜の北野瑠華は、「ジャケット写真、見てくれましたか? このメンバーの中でもとくにドドーンと(水着姿で肌を)出しているんですけど、私にしかできないことだと思っているので、これを武器に頑張っていきたいと思うので、私の武器をたくさんの人に見てもらいたいです」と笑顔。

  すると、26位にランクインした大場美奈が、「負けねーよ!とツッコミを入れて会場を沸かせた。

0004

  須田は、「(総選挙が)終わったからこそ、できる感謝公演だと思います。総選挙期間、ファンの方と心を通わせて頂いたことが、私たちの新たな自信になりました。『SKE48』に入ってきたメンバーは絶対に一番になりたいと思って入って来たけど、主役になることを諦めたり、主役じゃなくても頑張るっていうメンバーもいますが、総選挙は一番の推しメンをファンのみなさんが応援してくれる応援期間。みなさんには本当に感謝しています」。

  さらに、「ここにいるメンバー以外にも『SKE48』には魅力的なメンバーがまだまだたくさんいます。来年もしも『総選挙』があるなら、全員が立てるくらい勢いを持てる『SKE48』になれるように頑張っていきたいです。普段の劇場公演もぜひ遊びにきてください。絶対に楽しんでもらえる自信があります。『SKE48』はまだまだこれからだと思います」とし、「一丸となって応援して頂けますか?」と客席に呼び掛けて、拍手や歓声を受けた。

  そして最後は、全員で『SKE48』を熱唱して「総選挙感謝公演」の幕は下りた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事