• このエントリーをはてなブックマークに追加

00004

  「SKE48」の大場美奈が2日、ニューシングル『意外にマンゴー』のプロモーションで宮崎を訪れた。

  大場は、宮崎ブーゲンビリア空港で催された歓迎セレモニー「意外にマンゴーを食べてない人! 空港でマンゴーを語ってミナい?」に出席。
  宮崎県といえばマンゴーと言われるほど知名度が高く、“マンゴーの聖地”と呼ばれるほどだが、同セレモニーは、マンゴーの聖地である宮崎採れの完熟マンゴー「太陽のタマゴ」をPRする場として、宮崎市およびJA宮崎中央の協力のもと開催された。

  大場は、戸敷正宮崎市長から「太陽のタマゴ」が贈呈されると大喜び。
  セレモニーを終えると、宮崎市のラジオ局、テレビ局でのプロモーションを行い、チキン南蛮や冷や汁などの宮崎グルメも堪能したとか。

  大場は、「一人で宮崎に伺うことになった時はとても不安でしたが、宮崎ブーゲンビリア空港に着いた瞬間から宮崎の方々の歓迎ぶりがとても温かく、スターのように扱って頂けて(笑) とても感動しました」。

  続けて、「じつは、マンゴーを食べたことがなくって、今日始めて宮崎マンゴーを頂いて、初マンゴー最高でした!」と感想を明かした。

  さらに、「『SKE48』が『意外にマンゴー』という楽曲をリリースすることになり、『親近感がわくよ、応援するね!』と宮崎の多くの方に言って頂けて本当にうれしかったし、宮崎のみなさまが『SKE48』を応援して頂けるように、そういう場所にしなければいけないなと強く思って、もっともっと頑張ろうと思いました!」と決意を語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事