• このエントリーをはてなブックマークに追加

0001

  歌手・相川七瀬が7日、恒例の“七瀬の日”ライブを東京・渋谷TSUTAYA O-EASTで開催した。

  同ライブは今年で13回目を迎え、七夕ということもあり相川とファンとの毎年の約束といえるイベントとなっている。

  この日のライブ中盤では、サプライズで先輩ロックシンガーの中村あゆみが呼び込まれ、1980年代のヒットナンバー『翼の折れたエンジェル』、そして昨年リリースされた織田哲郎のカヴァーアルバムから『BOMBER GIRL』をコラボで歌唱し、会場を盛り上げた。

  その後も『Sweet Emotion』や『BREAK OUT!』などのヒット曲が続く中、MCでは20周年を越えた自分を振り返り、デビュー当時じゃ考えられなかったことの連続で、続けていくことの大切さを感謝とともにファンに伝えた。

  また、昨今では新しいアーティストとの関わりも増えている相川だが、たまたま会場に観に来ていた、20周年トリビュートアルバムにも参加しているビジュアル系バンド『Plastic Tree』のメンバーを呼び込み、アルバムの宣伝も行なうなどリラックスした雰囲気で会場を和ませた。

  さらに、アンコールではシークレットゲストとしてギタリストのマーティ・フリードマンを呼び込み、久々のセッションを披露した。

  いきなりトップスピードと言えるハードなギターで『トラブルメイカー』、『LIKE A HARD RAIN』を披露すると、最後はヒット曲『夢見る少女じゃいられない』で公演は終了。
  だが、会場の熱気が覚めやらず、マーティの発案で『R-指定』を再度パフォーマンスし、公演は大団円を迎えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事