• このエントリーをはてなブックマークに追加

00002

  演歌歌手・細川たかしが11日、東京・赤坂イルカシータで新曲『縁結び祝い唄/人生夢将棋』の発表イベントを開催した。

  細川は、「本日は、この暑い中お越しくださいましてありがとうございます。ビールを飲みながら楽しんでいってください」とあいさつすると、新曲『人生夢将棋』を披露した。

  “将棋”をテーマとした同曲については、「藤井(聡太)くん、29連勝とすごい成績です。何しろ中学生ですからね。将棋は、私は一度もやったことがありません。この歌を両A面で出したところ、藤井くんがあのような素晴らしい成績をとり、将棋界もぐっと盛り上がっています」と話した。

  またこの日は、カツラ疑惑で話題となった細川の髪型マネで一躍人気者となり、新曲『縁結び祝い唄』のミュージックビデオにも出演しているお笑い芸人・レイザーラモンRGこと「こぶしたかし」(細川が命名)がゲスト出演した。

  細川は、「デビューして20年売れなかったのに、『行列のできる法律相談所』に出て、オレのマネをした途端、今や何かと忙しくて、自分のオンステージまでやっているというんだからね。ピコ太郎を抜いて、今年はこぶしたかしが来るのでは…」とこぶし紹介。

  こぶしは、細川のヒット曲を歌いながら2人の掛け合いで盛り上げ、「細川たかしのあるある言いたい、よせばいいのにひとめぼれ~。細川たかしはピザ食べれない」と歌って会場の笑いを誘った。

  続いて細川が『縁結び祝い唄』を歌唱し、その横でこぶしが細川の歌う姿を面白おかしく手振り身振りでマネながら、最後まで会場を盛り上げた。

  細川は、「20年沈んでいた男が急に浮上してよかったです」と話せば、こぶしは「師匠に『連れて逃げてよ~』(※『矢切の渡し』の歌詞)という感じで、ありがとうございます。体型もどんどん似てきたようです。嫁もどのぐらいの感じでバリカンを使えばいいか分かってきたようです」と明かした。

  そんなこぶしの活躍ぶりに、細川は「20年間、苦労したんだから、これから一挙に儲けないとな」と言うと、こぶしは「これから、こぶしたかし御殿を建てます」とジョークを飛ばし、「仕事は30倍、ウケは200倍くらいになりました。これも師匠のお陰です」とうれしそうに話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事