「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2016」の3日目公演が24日、東京ドームシティホールで昼夜に行われた。

000000000

 今年になって初めて、「AKB48」単独とAKB48ループに分けての開催となった“楽曲の総選挙”のリクエストアワー。
  先日に3日間にわたって開催された“単独リクアワ”に続き、AKB48グループの890曲を対象に、3日間でベスト100が発表されることとなる。

 

 40位から21位までが発表された昼公演では、40位『微笑みポップコーン』、39位『Buddy』と、これまでの3公演で3曲のみのランクインだった「HKT48」の楽曲がいきなり2曲続けて入る展開に。

0000

 続く38位には、1年前に「リクアワ」で結成が発表された「NGT48」の『NGT48』がランクインし、加藤美南のアクロバティックな技を交えたパフォーマンスで客席をわかせた。
  「NGT48」メンバーはその後のトークコーナーにも参加し、緊張した面持ちながらも、初めての「リクアワ」のステージを堪能した様子だった。

  37位は、『鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」。
  夜公演を待たずして、昨年1位の楽曲が登場し、会場からは驚きの声が。

000

 21位には、柏木由紀のソロ曲『夜風の仕業』が入り、6年連続のランクインとなる偉業を達成した。

  ランキングも上位20曲を残すのみとなった夜公演では、18位『カメレオン女子高生』、17位「夢見るチームKⅣ」、13位『12秒』、11位『メロンジュース』と、「HKT48」の楽曲がランキングで輝きを放った。
  また、トップ10では10位『心のプラカード』、7位『唇にBe My Baby』、5位『永遠プレッシャー』、4位『ハロウィン・ナイト』と「AKB48」のシングル曲が強さを見せた。

00

 

  いよいよベスト3の発表となり、3位には、「AKB48」の単独リクアワで2位になった「チーム8」の『47の素敵な街へ』がランクイン。
  鳥取県代表メンバーの中野郁海が「“グループ”でもベスト3に入れるなんて…」と涙で喜びを噛み締める中、4月2日、3日に「チーム8」の結成2周年記念コンサートが沖縄で開催されることがサプライズで発表され、メンバーたちにとっては二重の喜びとなった。

 2位は、「SKE48」の『僕は知っている』。 メンバー全員が参加したカップリング曲が2位に輝き、大矢真那が「2位という大きな順位を頂きビックリです。ありがとうございます」と、会場にいないメンバーの気持ちも代弁して感謝の言葉を述べた。

 そして、栄えある1位は『奇跡は間に合わない』。 卒業を発表している「SKE48」の宮澤佐江の「AKB48」時代を代表するユニット曲が初の栄冠に輝いた。

00000

 

 宮澤からのラブコールに応える形で、卒業生の野中美郷と「SKE48」の松井珠理奈という懐かしい組み合わせで、宮澤は喜びと感謝を全身で表現するかのように、10年間磨き続けたダンスパフォーマンスを存分に見せつけた。

 パフォーマンス後には、宮澤佐江の卒業コンサートが3月4日に愛知・名古屋の日本ガイシホールで、卒業公演が3月31日にSKE48劇場で行われるほか、「AKB48」の2期生の10周年の記念日にあたる4月1日に、「2期生10周年記念 旧チームK特別公演」が開催されることも発表された。
 宮澤は自身の卒業コンサートについて「こんな私のために…」と涙ながらに喜びをあらわにした。

「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2016」の3日目昼公演

40位 「微笑みポップコーン」
39位 「Buddy」
38位 「NGT48」
37位 「鈴懸の木の道で『君の微笑みを夢に見る』と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」
36位 「チューインガムの味がなくなるまで」
35位 「君の瞳はプラネタリウム」
34位 「カフカとでんでんむChu!」
33位 「アイスのくちづけ」
32位 「Escape」
31位 「抱きしめたいけど」
30位 「ハート型ウイルス」
29位 「片想いよりも思い出を…」
28位 「君のことが好きだから」
27位 「前のめり」
26位 「清純フィロソフィー」
25位 「さよならサーフボード」
24位 「君にウェディングドレスを…」
23位 「しぇからしか!」
22位 「友達でいられるなら」
21位 「夜風の仕業」

「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2016」の3日目夜公演

20位 「彼女」
19位 「水の中の伝導率」
18位 「カメレオン女子高生」
17位 「なんでやねん、アイドル」
16位 「わるきー」
15位 「夢見るチームKⅣ」
14位 「始まりの雪」
13位 「12秒」
12位 「ここで一発」
11位 「メロンジュース」
10位 「心のプラカード」
9位  「マドンナの選択」
8位 「365日の紙飛行機」
7位 「唇にBe My Baby」
6位 「大人列車」
5位 「永遠プレッシャー」
4位 「ハロウィン・ナイト」
3位 「47の素敵な街へ」
2位 「僕は知っている」
1位 「奇跡は間に合わない」

関連記事