テレビの裏側をコッソリ暴露! 謎の業界人集団「チーム・スパイス」の業界裏日誌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  キー局が横並びで同じようなタレントを使い、同じような番組を流している中、地元のプロダクションの果敢な挑戦により、地方局では徐々にではあるがエッジの効いた番組が誕生している。

  ネットの発達で、何も首都圏でスタッフが固まって仕事をする必要はなくなってきている。
  急激な人口の減少とともに、日本人は生活スタイルをこれから先、大きく変えていかなければならない。
  とはいえ、多くの日本人はそのことに気付いていない。 あるいは気付かない振りをしているのかもしれない。
 
  そしてテレビ業界も同様、かつての栄光を忘れることができず、古い体質を引きずったまま、番組制作を行っている。
  テレビがもう娯楽の王様ではないことは薄々みんな気づいているのだ。
  そんな中、K氏はいち早く危機を感じた地方プロダクションが頑張っているのだ。

  打ち合わせが終わると、必ずK氏と缶ビールで乾杯をするのが恒例になった。
  夜の繁華街で経費を使って無駄に飲み食いするのも嫌いではないが、この新しい軽めの打ち上げスタイルが今かなりお気に入りなのだ。

        本日の日直:現役放送作家(業界歴13年)

・「チーム・スパイス」とは…メディアで活躍している、ディレクター、放送作家、アシスタントプロデューサー、スタイリスト、ヘアメイクなど数名で構成されている、謎の酒好きテレビ業界人集団。西麻布、三軒茶屋界隈などで、夜な夜な業界話に花を咲かせている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事