• このエントリーをはてなブックマークに追加

00001

  「AKB48」の村山彩希がプロデュースする16期研究生による「レッツゴー研究生!」公演が28日、東京・秋葉原のAKB48劇場で初日を迎えた。

  「AKB48」の「チーム4」のメンバーで13期生の村山がプロデュースする同公演。

00002

  開演前にプロデューサーの村山が一人ステージに立つと、「本日、16期生新公演のプロデュースをさせて頂きました、『AKB48』の村山彩希です」とあいさつした。

  続けて、「私は、『AKB48』での劇場公演が大好きですし、これからもたくさんのファンの方に劇場公演の良さを知って頂きたいと思っています。16期生はデビューして半年が経って、今回新公演がスタートすることが決まってから、お客さんに素敵なパフォーマンスができるように、楽しい公演になるようにと、日々レッスンを重ねてきました」。

  そのうえで、「振りがすぐ覚えられる子、覚えられない子、いいパフォーマンスをする子、まだまだできない子がいるのも事実です。でも、できないままステージに立っても、16期生の成長には繋がらない、今の環境で甘えて育ってほしくないという思いがあり、今回16期生の初日は16人と発表していたのですけど、15人で初日公演を迎えさせて頂きます」と報告した。

   さらに、「初日を迎えられなかった3人は、準備が万端な状態になってから初日を迎えさせて頂きたいなと思います。早く3人がステージに立てるように、今、一生懸命頑張っています。なので18人全員が初日を迎えられるまで、ぜひ、楽しみにして頂けたらと思います」。

  そして、「今日、初日を迎えるまで、みんなで頑張ってレッスンをしてきました。16期生の新公演、成長した姿をぜひ目に焼き付けて帰って頂きたいなと思います。それでは間もなく、『レッツゴー研究生!」公演が始まります! お楽しみにー!」と来場したファンに伝えると、会場からは温かい拍手が起こった。

  Overtureが鳴りステージの幕が開くと、浅井七海、稲垣香織、黒須遥香、佐藤美波、庄司なぎさ、鈴木くるみ、田口愛佳、田屋美咲、長友彩海、前田彩佳、道枝咲、武藤小麟、安田叶、山内瑞葵、山根涼羽の15名全員による『快速と動体視力』で公演はスタート。

  その後、研究生たちは大量の汗を輝かせながら『みなさんもご一緒に』、『憧れのポップスター』、『その汗は嘘をつかない』と4曲続けてパフォーマンスし、初日を迎えらえた喜びを笑顔であらわにし、自己紹介とあいさつに臨んだ。

00003

  ユニットコーナーでは、アイドルらしいパフォーマンスを得意とする山根がセンターを務め『完璧ぐ~のね』を、楽曲の先生からの振り入れを15分で覚えたというダンスに定評のある安田がセンターを務めて『クロス』をそれぞれ披露。

  また、村山が「隠れた名曲」という『愛の色』を道枝、長友、黒須、田口、武藤、前田の6人でパフォーマンスすると、15歳ながら大人びた風貌と高いパフォーマンス力の山内がソロで藤田奈那の『右足エビデンス』をクールに披露した。

  ユニットコーナーの最後は、16期生の中で最年長の19歳の稲垣と最年少12歳の鈴木で『わがままな流れ星』をパフォーマンスし、それぞれの個性を活かすために村山が頭をひねり考えたというセットリストが続いた。

  劇場公演を大切にし、これからももっと盛り上げていきたいという村山は本公演のテーマを“学校”と設定。
  冒頭4曲は16期生のがむしゃら感を表現するために各チームの楽曲を選び、ユニットは学校にいるであろう色んな子を、中盤では反抗期をとおり、『High school days』ではメンバーに好きな制服を選んでもらい個性を表現。
  アンコール1曲目は、村山自身が研究生の時にできた「レッツゴー研究生!」をメンバー一人ひとりの顔と名前を憶えてもらうために選曲。
  アンコール2曲は、これからさらに結束していくだろうチーム力の願いを込めた『チーム坂』。
  そして最後の楽曲『家出の夜』は、村山から16期生へのメッセージとして、「AKB48」の先にあるそれぞれの夢に向かって頑張ってほしいという気持ちを込めてセレクトしたとか。

  劇場公演を大切にし、これからも劇場公演をもっと盛り上げていきたいという村山が、全力でプロデュースした本公演。
  同期で公演できることの喜びをかみしめ、緊張感を忘れずに今を楽しんでほしいと、これからの「AKB48」を担う16期生の18名の成長に期待しながら初日公演は幕を閉じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事