• このエントリーをはてなブックマークに追加

0003

  「THE ALFEE」が29日、30日の2日間、神奈川・横浜アリーナで「31st Summer Best Hit Alfee2017夏フェスタ」と題した夏イベントを開催した。

  7月30日の公演をもって通算本数2639本という日本のバンドとしては最多となる記録を更新したばかりの「THE ALFEE」にとって、足かけ35年で31回目の開催となる夏イベント。
  完売となった本公演は2日間でのべ2万4000人を動員した。

  コンサートがスタートすると3人は天から舞い降りるかのように、ゴンドラでステージに登場。
  最新曲『あなたに贈る愛の歌』、名曲『星空のディスタンス』をはじめ、昨年デビューアルバムをリリースした「The KanLeKeeZ」やメンバーが出演するテレビCMが話題のタマホームのテーマソングも披露した。

  アンコールでは最年長バンド「The KanLeKeeZ」も登場し、グループサウンズで「THE ALFEE」とは一味違ったステージで魅了。
  さらに『SWEAT & TEARS』では、観客の頭上から約2万個の風船がアリーナを埋めつくように降り、観客のボルテージは最高潮となった。

  高見沢俊彦が「この夏はデビュー44年目に突入する夏です、膨大な時間が流れ、人も街も変わって行く中で唯一変わらないのはこの場所で3人で歌っていることです。ライブハウスの頃から変わっていない、やり続ける意志、継続する力は変わり行く時代で、3人で掴んだと思う。今日の日を遠い夏の忘れられない思い出としたい。30年後に会いましょう。アルフィーは永遠です」と話すと、会場は歓声と拍手で包まれた。

© HAJIME KAMIIISAKA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事